亜音速の銛!ハープーン・ミサイル

アメリカ軍

敵艦を攻撃する際の「定番兵器」

第二次世界大戦までは艦砲および魚雷を使った海戦が想定されていましたが、現在は対艦ミサイルによる攻撃が主流とであり、とりわけ有名なミサイルがアメリカの「ハープーン」です。ハープーン・ミサイルはアメリカが1970年代に登場させた本格的な対艦ミサイルですが、改良されながら今も米海軍の対艦攻撃兵器として愛用されています。本来「ハープーン」は鯨を仕留める銛のことを指すため、大型艦を一撃で戦闘不能にするミサイルの名には相応しいでしょう。

⚪︎基本性能:ハープーン・ミサイル(RGM-84)

全 長4.63m
直 径34.3cm
重 量690kg
速 度マッハ0.85
(時速1,050km)
射 程150km以上
弾 頭222kg
価 格1発あたり約1.5億円

通常、ハープーンは円筒状のキャニスターに収容されており、発射時は点火したロケットエンジンによってミサイル本体がキャニスターを突き破り、数秒後に同エンジンを切り離します。その後、ターボジェットエンジンを使って目標に向かいますが、この時の誘導方式は以下の2種類です。

・RBL方式
 事前入力された情報に基づいて飛行し、目標に近づくとレーダーを作動させて探知、突入。

・BOL方式
 方向のみを指定しておき、発射後一定の距離に達するとレーダーが作動。前方の左右45度に弥範囲を搜索し、探知した目標に突入。

さらに、飛行経路についても高高度または海面ギリギリを飛ぶルートが選択可能ですが、後者は水平線の関係で30〜40kmの地点に迫るまでレーダーで捉えづらい特性があります。そして、低空飛行ルートを選択した場合は目標突入の直前に飛翔して上から命中させるパターン(ホップアップ)、もしくはそのまま低空から命中するパターンが選べます。命中率はホップアップの方が高いですが、一旦高度を上げるので迎撃されやすくなるデメリットもあります。

発射されるハープーン・ミサイル(出典:アメリカ海軍)

ハープーンは通常の艦船搭載型以外にも、空中発射型や潜水艦から発射されるタイプもありますが、潜水艦から攻撃する場合は魚雷発射管から発射され、海面に出た後はロケットエンジンに点火して飛翔します。ちなみに、海面に至るまでの水中推進時はカプセルに覆われていますが、海面に出たと同時にこのカプセルは分離されます。

対艦ミサイルのベストセラーとして

このように水上、空中、そして海中からも攻撃できるハープーンですが、意外なことに今まで目立った戦果を挙げていません。実戦経験は一応あるものの、フォークランド紛争で英海軍に多大な損害を与えたライバルの「エグゾセ(フランスが開発)」のような戦果は残していません。それでも世界最強の米海軍が愛用しているからか、日本を含む20カ国以上で採用実績があり、エグソセとともに対艦攻撃兵器の市場を独占するベストセラーとなりました。

海上自衛隊も護衛艦の対水上攻撃能力を高める目的でハープーンを導入しましたが、現在は後継の90式艦対艦ミサイル(90式SSM)や最新の17式艦対艦ミサイル(17式SSM)に移行しました。日本が独自開発したこれらミサイルはハープーンよりも長射程なうえ、発射システムや収容するキャニスターは共通なので改修せずにそのまま運用できます。そのため、ハープーンと90式が混在している艦すら存在するそうです。

ハープーンとこれら国産兵器を比較した場合、90式SSMは射程距離では勝るが性能面ではハープーンと大差ありません。一方、17式SSMミサイルは射程や命中精度、情報更新能力でハープーンを上回っていると言われています。

対艦ミサイルを収容するキャニスターは共通化されている(筆者撮影)

ハープーンは現代でもまだ通用するか?

初登場から45年経っても現役のハープーンですが、比較的「遅い」巡航ミサイルであることから防空能力を高めた中国海軍に対して果たして通用するのかを疑う意見が散見されます。しかし、ロシア=ウクライナ戦争では巡航ミサイルがロシア海軍の巡洋艦を撃沈して改めてその有効性を示したのでハープーンもまだ存在価値があるといえます。

一応、現存のハープーンをアップグレードする「ブロックII + ER計画」が進行中で、実現すれば射程は300km近くまで延伸されたうえ、命中精度もさらに向上する見込みです。ただ、以前も改良計画が頓挫した経緯があるため、本計画が滞りなく完了するかは不透明でしょう。したがって、米海軍が別の候補にも目を向けた結果、ハープーンの後釜を見据えた長射程かつステルスの巡航ミサイル「LRASM」が誕生しました。

LRASMは既に配備も始まっているものの、米海軍はノルウェーのNSMミサイルも導入したり、対水上攻撃能力を強化したトマホークのアップグレード版も登場させているのでハープーンの座を巡って熾烈な競争が繰り広げられるでしょう。

1 ・・・次のページ

コメント

タイトルとURLをコピーしました