知名度低い?エグゾセ対艦ミサイル

ミサイル

超低空飛行のフランス産「トビウオ」

対艦ミサイルといえばアメリカのハープーン・ミサイルが思いつきますが、このライバル的存在としてフランスが開発した「エグゾセ」というのがあります。アメリカ製を多用する日本ではあまり聞きなれないものの、エグゾセは南米や中東でも広く使われているフランス産ベストセラーのひとつであり、現在に至るまで4,000発以上が生産されました。

⚪︎基本性能:エグゾセ艦対艦ミサイル(MM40ブロック3)

重 量780kg
全 長5.8m
直 径34.8cm
速 度マッハ0.93
(時速1,148km)
射 程約200km
価 格1発あたり約7,000万円

フランス語で「トビウオ」を意味するエグゾセは1970年代に登場した対艦ミサイルで、ハープーンと同様に水上艦や潜水艦、航空機から発射される複数のバージョンが存在します。水上艦から発射されるものは正式名が「MM」から始まり、潜水艦と航空機で運用されるエグゾセはそれぞれ「SM」「AM」が番号の前に付きます。ちなみに、このミサイルを「エグゾ『ゼ』」と誤称する人がしばしば見受けられますが正しくは「エグゾ『セ』」です(フランス語は発音が難しいですね)。

エグゾセは基本的に搭載されたセンサーやレーダーを使って目標に向かいますが、探知を避けるために海面からわずか3mほどの超低空飛行を行いながら突入するので、状況次第では捕捉できた時には10km以下まで迫っていて迎撃が間に合わないことも。この超低空飛行のまま突入する特徴が一旦飛翔して上から直撃するモードのあるハープーンとは異なる点です。

フランス海軍艦艇から発射されるエグゾセ(出典:フランス海軍)

艦対艦エグゾセの初期型「MM38」は主に小型艦での運用を想定していたことから射程が短かったですが、1981年に登場した改良型「MM40」は射程距離が延伸され、その後も誘導性能の向上や電波吸収剤を用いた探知率の低減が試みられました。最新型の「MM40ブロック3」は従来より電波妨害に対する耐性が強化されたうえ、ターボジェットエンジンの採用によって約200kmの射程を実現しました。また、このブロック3はGPS誘導も取り入れたことで沿岸部にある目標への対地攻撃も可能となりました。

英海軍を苦しめたが、不発も多い?

フランス海軍の標準装備となり、南米や中東、東南アジアの艦艇でも見られるエグゾセですが、艦対艦版のMMシリーズよりも空対艦バージョンの方が有名と言えるかもしれません。というのも、エグゾセが一躍有名となったのはこの空対艦バージョンが1982年のフォークランド紛争でイギリス海軍に大きな損害を与えたからです。

フォークランド諸島の奪還を目指すイギリス軍に対してアルゼンチン側が空軍機からエグゾセを放った結果、駆逐艦1隻とコンテナ船1隻を撃沈する戦果を挙げ、イギリスの出鼻を挫くとともに、同国海軍の行動を制約しました。実は駆逐艦の方に命中したエグゾセは不発で、沈没の原因は直撃の余波で起きた火災でしたが、それでもこの時アルゼンチンが保有していたエグゾセがわずか数発だったことを考えると十分すぎる戦果であり、イギリスが必死に追加購入を妨害したのも頷けます。

このようにデビュー戦で強烈な印象を残し、一気に注文が殺到したエグゾセでしたが、その後のイラン・イラク戦争では不発弾が多かったので「エグゾセ=不発」のイメージが付くようになりました。確かに、同戦争で発生した米駆逐艦への誤射事件でも直撃したエグゾセは不発でしたが、その後は改良が施されて今は問題ないレベルに修正されています。現在30カ国近くで運用されているエグゾセはフランスの主要輸出兵器の一角を占めており、今後もしばらくはハープーンとともに西側対艦ミサイルの定番として現役を続けるでしょう。

⚪︎関連記事:亜音速の銛!ハープーン・ミサイル

1 ・・・次のページ

コメント

タイトルとURLをコピーしました