自衛隊の最新戦闘機F-35の実力は?

航空機

ステルス性、短距離離陸・垂直離着陸機能

航空自衛隊が有する最新鋭ステルス戦闘機「F-35」ですが、アメリカが開発した最新戦闘機で、日本を含めた西側諸国の主力ステルス戦闘機になるであろうこの機体の実力はどんなものなのでしょうか?現代戦では航空優勢の確保が何よりも重要なため、それを実現する戦闘機の優劣は勝敗のカギを握ります。まずは、基本性能から見て行きます。

⚪︎基本性能:F-35A

全 長15.67m
全 幅10.67m
全 高4.39m
最大速度マッハ1.6(時速1,931km)
航続距離2,200km
戦闘行動半径1,239km
固定武装25mm機関砲×1
価 格1機あたり約106億円

F-35の最大の特徴は何と言っても「ステルス性能」でしょう。ここでの「ステルス」とは、レーダーに映りにくいことを意味しています。ざっくり解説すると、まずレーダーというのはこちらから電波を発して、その電波が何か(飛行機や船)に当たって跳ね返ってくることでその対象の存在や位置を確認します。そのため、レーダーに映るのを避けるには、自分に当たった電波が相手に返るのを防げばいいのです。

F-35はレーダーから発せられた電波を吸収、もしくは違う方向に逸らすことで高いステルス性能を発揮します。これは、機体の素材に電波吸収材をあらかじめ混ぜ込み、その上で特殊塗料でさらに電波を吸収できるようにしています。そして、機体のあらゆる箇所を直角ではなく、傾斜をつけることで当たった電波を別方向に逸らす工夫も施しています。また、大容量の燃料タンクを機体内部に搭載し、各種アンテナやセンサー類も格納することで機体外部の凹凸を最低限にしています。

これら各種工夫によって、F-35はF-15J戦闘機のような従来機と比べてレーダーへの映りにくさは10〜20倍以上の差があると言われています。詳細な数値はもちろん機密なので公表されていませんが、一説には小鳥程度の大きさにしか映らないとか。そんな圧倒的ステルス性能を持つ本機ですが、ここで一つ疑問が生まれます。

「レーダーに映らないなら、普段はどうやって管制や位置の把握を行なっているのか?」

答えは「普段はあえてレーダーに映るようにしている」です。訓練やスクランブル任務ではあえて電波を反射させる「リフレクター」と呼ばれる板を付けたり、自分の識別信号を発する装置を使います。もし領空侵犯機に対処する場合、まずは警告から行いますが、相手が自分を認識していないと意味がないですからね。

F-35のもう一つの大きな特徴として、派生型の「B型」が短距離離陸・垂直離陸(STOVL)可能という点です。通常、戦闘機は離陸する一般的な滑走路は2,300〜3,000mほどありますが、F-35Bは約200mほどでの離陸が可能です。実際、全長が257mしかない米海軍の強襲揚陸艦「エセックス」からF-35Bが発艦して実戦参加している事例があります。

垂直着陸する米海軍のF-35B(出典:米海兵隊)

STOVL機には以下のメリットがあります。
・大型空母以外の艦船(軽空母、強襲揚陸艦)から発艦可能
・短い滑走路しかない飛行場からも出撃可能

日本も「いずも」型護衛艦を空母化している最中ですが、STOVL型のF-35Bを搭載予定です。また、離島防衛の観点から見た場合、短い滑走路しかない島の空港を使うことも可能となります。現状だと、南西方面で戦闘機を運用できる滑走路を有するのは那覇、嘉手納(米軍専用)、下地島ぐらいですが、短距離離陸が可能ならば選択肢は一気に増えます。もちろん、実際には整備や補給が必要なため、そのまま使えるわけではなく、ハードルは高いです。

一方、STOVL機のデメリットとしては以下のようなものがあります。
・搭載燃料量が通常型より少なく、航続距離と戦闘行動半径も必然的に短い
・搭載可能な兵器量が20%少なく、一部爆弾やミサイルは搭載できない
・垂直着陸を可能とする機体構造が複雑なため、整備が難しい

短い距離で離陸するためには非常に大きな推力が求められ、垂直着陸する際も空中で滞空するホバリングを行うため、燃料消費量は大きいです。そのため、航続距離は通常型のF-35Aと比べて530km以上も短い1,667kmとなっています。このようなデメリットを踏まえても、そもそもSTOVLが可能なステルス戦闘機は稀有であるため、数機でも侮れない戦力にはなります。

F-35は果たして最強の戦闘機なのか?

さて、F-35の大きな特徴であるステルス性とSTOVL機能を見てきましたが、他にも特筆すべき点としてコックピットにタッチパネル式のディスプレイを配置したことが挙げられます。これによってパイロットは表示する情報を簡単に選択でき、今までのようにスイッチで画面をいちいち切り替える手間が省けました。そして、高性能レーダーと各種センサーによって360度の視野を確保しており、収集したリアルタイム情報をヘルメット内にを投影します。

まさに最新テクノロジーを凝縮したF-35戦闘機ですが、当初は旋回時の飛行性能の悪さ、電子戦能力の不足、緊急脱出時の座席の不具合などの問題点が指摘され、現在でも「失敗作」と批判されることもあります。しかし、これらの大きな問題は改良やソフトウェアの更新によって解決もしくは解決する見込みであり、「失敗作」という烙印を押すのは気が早いと思料します。

F-35はテロ組織への空爆などの実戦経験はあるものの、未だ「空対空戦闘」の経験はありません。しかし、米空軍が実施した演習では、ステルスと電子機器の優位性を生かしてF-16戦闘機を20機以上も一方的に撃墜しています。そのため、現時点では、ステルス戦闘機としてはF-22戦闘機の次に位置すると言われます。ステルス性能ではF-22には敵わないものの、F-22の生産が既に終了していることを考えれば、日本を含む各国が導入できる選択肢としては間違いなく「最強の戦闘機」でしょう。

航空自衛隊のF-35と今後の展望

F-35を最も多く調達しているのは開発元のアメリカであり、その数は2,200機以上になります。輸出が禁じられたF-22と異なり、本機は同盟国への輸出も想定しており、イギリス、イタリアなどのNATO諸国に加えてイスラエルやアラブ首長国連邦が導入しています。アジアでは、日本の他にも韓国、シンガポール、オーストラリアが購入しています。

航空自衛隊のF-35A(出典:航空自衛隊)

当初、日本は老朽化したF-4ファントムの後継機としてF-35Aを42機導入する予定でしたが、中国の急激な軍拡と海洋進出を受けて、最終的にはA型105機とB型42機の調達となりました。既に青森県の三沢基地に配備されており、現時点での保有数はF-35Aが21機です。2025年からは日本海側の小松基地(石川県)にもF-35Aが配備されるとの話があります。このままが滞りなく配備が進めば、日本はアジア太平洋では最大のF-35保有国となります。

また、STOVL型のF-35Bは艦載機として空母化する「いずも型」2隻に搭載される予定です。ただし、「いずも型」に搭載できるF-35は最大でも10機程度のため、普段は宮崎県の新田原基地に配備される予定です。新田原基地での運用は2024年からの開始を目指しており、鹿児島県の馬毛島に建設される新たな基地(飛行場)で離着陸訓練を行うようです。

1 ・・・次のページ

コメント

タイトルとURLをコピーしました