戦車の代わり?16式機動戦闘車とは?

車両・火砲

機動戦闘車は戦車と何が違うのか?

陸上自衛隊が誇る最新の戦闘車両に「16式機動戦闘車」というのがあります。見た目は戦車に車輪を足した外観であり、戦車と混同する人が出るのも無理がないほどです。

16式機動戦闘車は装輪装甲車(タイヤ付きの装甲車)の一種です。装輪装甲車は、キャタピラで走る戦車よりも高速かつ燃費が良く、騒音と振動が少ないのも特徴です。ただ、戦車と比べると不整地、つまり舗装されていない道や土地を走破する能力は劣ります。こうした欠点はあるものの、逆に言えばインフラが充実した土地での戦闘では十分な能力を発揮し得るということです。日本という国土は、高速道路や国道といった道路整備が行き届いているため、装輪装甲車が迅速に移動・展開できる条件は揃っています。

⚪︎基本性能:16式機動戦闘車

全 長8.45m
全 幅2.98m
全 高2.87m
重 量26トン
速 度時速100km以上
乗 員4名
兵 装52口径105mmライフル砲、12.7mm機関銃、7.62mm機関銃
価 格1両あたり約7億円

まず、陸自の最新戦車である10式戦車と比べると、重量がマイナス18トンであり、かなりの軽量化に成功しています。この軽量化によって、輸送機による空輸がしやすくなったとのことです。

そして、戦車と最も異なるのは、キャタピラではなく、8つのスタッドレス・タイヤを装備していることです。タイヤで走行する本車の速度は、時速100kmと10式戦車よりも30kmも増えており、航続距離も推測では700〜800kmはあるのではないかと言われています(10式戦車は約300km)。現代戦闘は、「時間との勝負」とも言われているため、一刻も早く戦力を展開することが求められます。この点では、16式機動戦闘車は戦車に勝ると言えます。

訓練中の16式機動戦闘車(出典:陸上自衛隊)

さて、肝心の兵装については、通常の戦車砲である120mmよりも小さい105mmライフル砲を採用しています。そのため打撃力では予想される敵戦車には劣るものの、火力支援や戦車以外の装甲車両への攻撃には十分です。ただ、火力で戦車に劣ると言っても、今でも現役の74式戦車の主砲は105mmであり、16式機動戦闘車が使用予定の対戦車砲弾は現代の戦車を撃破し得る性能と威力を持っているそうです。そもそも、105mm砲を採用したのも、引退する74式戦車の砲弾をそのまま流用できるからと言われています。

装輪装甲車のデメリットの一つとして一般的に挙げられるのが、射撃時の安定性がキャタピラ式の戦車よりも悪いという点です。しかしながら、16式機動戦闘車は、演習では難易度の高い行進間射撃も実施しており、この欠点はあまり当てはまらないようです。少なくとも、通常の装輪装甲車よりは高い安定性能を持っているようです。

一方、防御力については、残念ながら戦車よりも格段に劣ります。詳細は公表されていませんが、歩兵が持つ対戦車兵器(無反動砲など)に対する一定の耐性はあるようです。ただ、装輪装甲車の特徴として、キャタピラが破損したら走行不能となる戦車とは異なり、16式機動戦闘車は1〜2個のタイヤが損傷しても走行可能です。

16式機動戦闘車の今後

16式機動戦闘車は戦車よりも早く展開でき、従来の装甲戦闘車よりも大きな打撃力を持ちます。敵の大軍による大規模な着上陸侵攻が想定しづらい現代においては、敵に既成事実を作らせないための迅速な戦力展開が重視されます。つまり、「打撃力<機動力」という構図です。そのため、火力では戦車より劣っても、素早く移動・展開して、最前線で味方の火力支援を実施できる装輪装甲車が重宝されるのです。もちろん、これは戦車の役割を蔑ろにするわけではなく、状況に応じた住み分けと戦車が到着するまでの戦線維持ということも念頭に置いています。

例えば、舗装道路が整備されている都市部での戦闘は、機動力に優れている装輪装甲車の方が使いやすそうです。歩兵の支援という点でも、16式機動戦闘車は十分な火力を有しているので、「戦車を投入するほどでもない状況」においては、使い勝手の良い存在となり得ます。

配備された16式機動戦闘車(出典:陸上自衛隊)

さて、そんな16式機動戦闘車の配備についてですが、現時点では約200両ほどを調達予定であり、本州と四国の各部隊に順次配備していく方針です。計画では、10式戦車を中心とする戦車部隊を北海道と九州に集中配備する代わりに、本州・四国の戦車を廃止して16式機動戦闘車に置き換える。陸自の戦車定数は300両に大幅削減されるため、戦車定数にはカウントされない本車を配備することで打撃力の維持と戦車部隊(隊員)の居場所確保を図るのでしょう。仮想敵国が戦車を保有する限り、陸自が戦車を全面廃止することはないでしょうが、いずれ16式機動戦闘車のような装輪装甲車が配備数の上で逆転することは十分あり得ます。

1 ・・・次のページ

コメント

タイトルとURLをコピーしました