なぜ必要?陸上自衛隊のLR-2連絡偵察機の役割とは

自衛隊のプロペラ機 陸上自衛隊
この記事は約3分で読めます。

陸自唯一の固定翼機として

陸上自衛隊の航空機といえば、ヘリコプターの印象が強いですが、じつは「LR-2」と呼ばれる連絡偵察を目的とした固定翼機も少数運用しています。

  • 基本性能:LR-2連絡偵察機
全 長 17.65m
全 幅 4.37m
全 高 14.22m
乗 員 2名+同乗8名
速 度  時速580km
航続距離 約2,800km
高 度 10,700m
兵 装 なし
価 格 1機あたり約20億円

「ハヤブサ」という愛称、「ロメオ」というコールサインを持つLR-2はアメリカ製のビジネス機を改造した連絡偵察機で、それまで使っていたLR-1の後継として1999年から計8機が導入されました。

2017年に事故で1機を喪失したことから現在の保有数は7機となっていますが、そのほとんどが木更津の第1ヘリコプター団に集中配備されています。

そもそも、連絡機とは駐屯地間で人員や少量の物資を運ぶための機体ですが、通信技術と交通網が発達した現代はその必要性が薄れており、LR-1も急患輸送に投入されるケースが多いです。

しかし、CH-47J輸送ヘリより速く、全天候型で航続距離も長いので、遠隔地の交代要員や駐屯地視察に赴く「偉い人」の御一行を運ぶには向いています。

一方、偵察機としてはカメラ機材を搭載できるものの、武装や自衛機能はなく、ドローンが続々と配備されるなかで、本機をわざわざ偵察任務に使う理由はありません。

あえて活用の余地を挙げるならば、大規模災害における上空からの状況把握ぐらいでしょうか。

将来的には消える運命

このように人員や急患輸送を行う多用途機として使われているLR-2は、今後も細々と運用され続ける見込みですが、いずれは消えゆく運命にあります。

まず、陸自唯一の固定翼機である同機を乗りこなすための練習機が存在せず、操縦要員は海上自衛隊の小月基地で教育訓練を受けなければなりません。

そして、陸自そのものがヘリ中心の航空運用を前提としているため、LR-2が離陸に必要な長さの滑走路(700m)を有する駐屯地が少ないのです。

こうした事情に加えて、最近は滑走路を必要とせず、速度や航続距離、輸送力で申し分ないV-22オスプレイが導入されたことで、LR-2の存在意義がさらに問われています。

特にパイロットを含む航空要員の確保と育成が厳しい自衛隊にとって、今後もLR-2を維持するのは難しく、同じ役割を担えるオスプレイの配備とともに淘汰されていくでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました