ついに始まった陸自オスプレイの配備

航空機

注目の的となった新型輸送機オスプレイ

陸上自衛隊の新型輸送機として、以前から反対が多かった「V-22オスプレイ」が導入され、木更津駐屯地において5機の運用が開始されました。オスプレイは数年前に在沖米海兵隊が導入した際に、その事故率を巡って激論が繰り広げられたことが記憶に新しいですね。特に、全国的に配備に対する反対運動が起き、一躍有名となった航空機です。配備を巡る騒動から10年経った現在では、米海兵隊を含む米軍はオスプレイを「普通に」使っており、陸上自衛隊への配備も始まりました。では、一部で悪名高いオスプレイとは一体どんな航空機なのか?

⚪︎基本性能:V-22オスプレイ(Osprey)

全 長17.5m
全 幅25.5m
全 高6.63m
乗 員4名+最大32名
速 度時速565km
航続距離3,590km(貨物搭載なし)
価 格1機あたり約100億円

オスプレイは英語で猛禽類の鳥である「ミサゴ」を意味します。最大の特徴は、固定翼機としての飛行性能に加えて、垂直離着陸が可能という点です。これはティルトローターと呼ばれ、両翼の先端にあるローターを傾けることでヘリコプターのように垂直離着陸ができます。つまり、プロペラ機が持つ航続距離と速度にヘリコプターが持つ垂直離着陸能力を組み合わせた機体であり、それぞれのメリットを足したようなイメージです。

オスプレイは従来の輸送ヘリコプターと比べて、速度が1.5倍となっており、航続距離も格段に向上しています。そのため、ヘリよりも迅速かつ遠くに人員・物資を輸送することができます。この利点は大きく、米軍は既に400機以上のオスプレイを配備しており、イラクやアフガニスタンでの実戦にも投入しています。特に、周辺に飛行場がなく、ヘリコプター以上の迅速さが求められる場合は、オスプレイが投入されるケースが多いです。

しかし、ティルトローター機はローターを傾斜されることから、構造が複雑であり、操縦も通常の航空機よりも難易度が高いと言えます。また、オスプレイは米軍への配備が開始されて間もない頃に重大な墜落事故を2件起こしており、これが配備を巡る議論の際に問題視されました。ただ、オスプレイに限らず、航空機を含む軍隊の装備品は初期段階においては事故が起きやすいものです。これは、量産体制に入る前に一定の試験期間を設け、運用における問題点を洗い出して改良や性能向上を実施する段階になります。

垂直離着陸モードの陸上自衛隊オスプレイ(出典:陸上自衛隊)

オスプレイの沖縄配備を巡る議論が激化していた頃、モロッコで米軍のオスプレイが墜落する事故が発生し、同機の安全性に対する信頼が低下しました。また、10万飛行時間あたりの事故率で考えた場合、米海兵隊のオスプレイは2019年末時点で2.50となっており、海兵隊が運用する全航空機の平均2.45と大差はありません。むしろ、従来機のCH-53や自衛隊も運用しているCH-47の方が数値上はオスプレイを上回っています。この「事故率」という考え方も注意が必要であり、ここに空軍仕様のオスプレイを織り込んだ場合は事故率は上昇します。なぜなら、空軍仕様の同機は特殊部隊による強襲作戦を前提に用いられるため、任務の危険度が他のオスプレイよりも格段に高いからです。

以上のことから、オスプレイは事故率という点では、従来機を含む他の機体と比べてズバ抜けて「高い」とは言えず、安全性を過度に疑問視する傾向があったことは否めません。むろん、配備先の住民からすれば、墜落の危険があることに変わりはなく、飛行機嫌いの人にいくら統計的な安全性を説いても一定の恐怖が残るのと同様に、「数値が示す安全性」で人間の「不安」を解消するのは難しいです。今後も、海兵隊と自衛隊への配備が進んでいく中で、確実かつ安全な運用を通じてオスプレイに対して根付いた不信感をいかに払拭するかが課題です。

自衛隊のオスプレイと今後

さて、陸上自衛隊では17機のオスプレイを導入する予定であり、現時点で5機が配備済みです。当初は、離島からの急患輸送や災害派遣用の救難機として導入を目指す動きがありましたが、これは当時のオスプレイに対する厳しい世論を考慮した結果でしょう。その後、米軍が同機の運用実績を着実に積み重ねていく中で、通常の輸送機としての自衛隊配備を決めます。

将来的には佐賀空港に配備するものの、用地取得に時間がかかっているため、現在は木更津駐屯地に暫定配備しています。配備先が佐賀空港なのは南西諸島方面、特に離島防衛を強く意識ものでしょう。オスプレイは既述のようにヘリよりも高速かつ航続距離が長いため、離島奪還作戦には適任といえます。そのため、離島防衛を担う水陸機動団が拠点とする佐世保に近い佐賀空港が配備先として選ばれました。現時点での導入予定数は17機ですが、有事における水陸機動団の展開を想定した場合、この数はさらに増え、いずれは40-50機規模の調達が進められると予想します。

ちなみに、オスプレイのアメリカ以外での採用と配備は日本が初めてであり、日米の連携がさらに進みそうです。既に米軍のオスプレイが海上自衛隊のヘリ空母「ひゅうが」に着艦したり、陸自隊員を搭載して離島奪還訓練を実施しています。今後は、自衛隊のオスプレイが米海軍の強襲揚陸艦に着艦したり、海兵隊員を輸送する場面が見られることでしょう。

1 ・・・次のページ

コメント

タイトルとURLをコピーしました