革新的!陸自も使うV-22オスプレイの性能、事故率とは

陸上自衛隊
この記事は約4分で読めます。

「固定翼機+ヘリ」の輸送機

現在、第1ヘリコプター団で運用中の新型輸送機「V-22オスプレイ」は、在日米軍が導入した際に、事故率を巡って激論が繰り広げられました。

その後、米軍の安定運用が進むにつれて、反対世論も沈静化し、自衛隊への導入も滞りなく行われました。

一時は注目の的となったオスプレイとは一体どのような機体なのか?

⚪︎基本性能:V-22オスプレイ

全 長 17.5m
全 幅 25.5m
全 高 6.63m
乗 員 4名+最大32名
速 度 時速565km
航続距離 約3,600km(貨物なし)
高 度 約7,900m
価 格 1機あたり約100億円

英語で猛禽類の鳥「ミサゴ」を意味するオスプレイは、固定翼機としての飛行性能を持ちながら、ヘリコプターのような垂直離着陸も可能という、それぞれの利点を組み合わせた機体です。

これを実現したのが両翼の先端を傾ける「ティルト・ローター」と呼ばれるもので、ヘリと同様に離着陸できる一方、航続距離と速度では格段に優れています。

そのため、ヘリよりも速く、遠くに人員・物資を輸送できるうえ、飛行場がない地域にも展開可能という魅力を持ち合わせています。

これに目を付けた米軍は、すでに400機以上のオスプレイを調達して、イラクとアフガニスタンで実戦投入しました。

陸自は望んでいなかった?

そんな革新的なオスプレイを日本も17機購入しており、南西諸島を見据えて九州の佐賀空港に配備予定です。

想定される島嶼防衛戦では、日本版海兵隊・水陸機動団の空輸など担いますが、このオスプレイ導入自体は「政治的意図」によるもので、実は陸自側からの要求には基づいていません。

在日米軍へのオスプレイ導入を巡って反対論が盛り上がるなか、自衛隊にも導入して「慣れてもらう」という政治的意図が働いた結果だったのです。よって、悪く言えば、陸自は自分たちの運用実績がない装備をいきなり「押し付けられた」ようなのもの。

たしかに、オスプレイは従来のCH-47輸送ヘリと比べて航続距離と速度で優れるものの、台湾やフィリピンへの展開も意識する米海兵隊とは違って、陸自は南西諸島より遠方には出撃しません。

むしろ、陸自としては少しオーバースペックなオスプレイよりも、使い慣れたCH-47Jシリーズの購入を望んでいて、実際に約30機を追加調達して輸送力増強を図ります。

防衛費増額を受けて「買い物リスト」にCH-47が入っている反面、オスプレイは追加購入の話が出ていないのは、やはり陸自がもともと望んでは以下なったからなのか?

それでも、離島防衛で役立つ装備であるのは間違いなく、すでに米軍のオスプレイが海上自衛隊のヘリ空母「ひゅうが」に着艦したり、陸自機に米軍兵士が乗るなど、日米一体化の象徴になりました。

懸念された事故率は高くない?

さて、構造な複雑なティルト・ローター機は、操縦難易度が他の航空機よりも高く、米軍のオスプレイは配備後まもなくして、2件の墜落事故を起こしてしまいます。

これが日本への配備時に問題視されたわけですが、オスプレイに限らずとも航空機は開発段階と熟練度が低い初期配備時期に事故が起きやすいもの。

さらに、飛行時間あたりの事故率では、海兵隊が運用する全航空機の平均と大差ありません。

むしろ、数値だけを見れば、従来型のCH-53ヘリや自衛隊も使うCH-47輸送ヘリの方が悪いほど。よく指摘されたオスプレイの事故率は、強襲作戦を行う特殊部隊向けの機体も含めたケースが多く、結構「トリッキー」な数字といえます。

ただ、沖縄配備を巡って議論が激化していた時期に、米軍のオスプレイが墜落事故を起こした結果、安全性に対する信頼が低下したのは否めません。

垂直離着陸モードの陸自オスプレイ(出典:陸上自衛隊)

このようにオスプレイの事故率は、他の機体と比べて特段高いわけではないものの、地元住民にとっては墜落の危険性があるのは変わりません。

飛行機嫌いの人に統計的な安全性を説いても、恐怖が完全払拭できないのと同じで、数値だけで不安を解消するのは難しいものです。

結局、米海兵隊と自衛隊が日々運用していくなか、確実な安全飛行を積み重ねて不信感をやわらげるしかありません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました