最強の「海の忍者」!そうりゅう型潜水艦の性能と潜航深度

自衛隊
この記事は約3分で読めます。

初の非大気依存型で長期潜航

潜水艦というのは「いるかもしれない」と思わせるだけで相手の行動・活動範囲を制限でき、空母やあのイージス艦でさえ撃沈できる効果的な兵器です。なかでも、世界有数の静粛性を誇り、周辺海域の特性を把握している海上自衛隊の潜水艦は、中国海軍にとって最も厄介な存在といえます。

そんな日本潜水艦22隻のうち、半数以上を占めるのが2009年に登場した「そうりゅう型」です。

⚪︎基本性能:「そうりゅう型」潜水艦

排水量 2,900t(基準)
全 長 84m
全 幅 9.1m
乗 員 65名
速 力 水上航行時:時速24km
水中航行時:時速33~37km
航続距離 約12,000km
潜航深度 700〜900m?
潜航時間 約2週間
兵 装 533mm魚雷発射管×6
89式魚雷
ハープーン対艦ミサイル
価 格 1隻あたり約530億円

海自潜水艦として初めて「非大気依存推進(AIP)」という推進機関システムを採用した「そうりゅう型」は、潜航可能期間で従来の「おやしお型」 を大きく上回ります。

ディーゼル・エンジンの燃焼に使う酸素は、定期浮上して取り込まねばならないのですが、AIPシステムを搭載した「そうりゅう型」ではこの制約が大幅緩和されました。

この酸素補給では浮上までしなくとも、シュノーケルを海面に出さざるを得ず、敵に発見されやすい状況を作り出します。「そうりゅう型」では、こうした発見リスクを減らす目的でAIP技術を用いた「スターリング・エンジン」を載せたわけです。

ただし、最後の2隻についてはスターリング・エンジンではなく、リチウムイオン蓄電池に変更されました。リチウムイオン蓄電池は最大速力こそスターリング・エンジンにおよばないものの、高速航行時の持続性には優れ、潜航可能期間のさらなる向上が見込めます。

また、意外に場所を取るこの新しい推進機関のせいで居住スペースは狭くなった反面、潜水艦独特の空気(臭い)が改善されて快適性は上がったそうです。

静粛性についても引き続き力を入れており、潜水艦全体を吸音材と反射材で覆ってさらに静かになりました。こうした静粛性に対する創意工夫は艦内でも見られ、吸音材や防音材をあらゆるところに設置しています。

水上航行中のそうりゅう型潜水艦(出典:海上自衛隊)

では、静粛性と長期潜航を両立させた「そうりゅう型」は、どれぐらい長く潜めるのか。

残念ながらこれは最高級の国家機密にあたるため、詳細は公表されていません。

しかし、待ち伏せ攻撃のように消費電力を極力抑えた活動ならば、スターリング・エンジン搭載艦で約2週間、リチウムイオン蓄電池型で最長1ヶ月と推定されます。

これが積極的に目標を捜索したり、追尾する場合は消費電力も比例して増えるため、潜航期間も同様に短くなります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました