無敵の主力戦闘機?F-15J

航空機

長らく日本の防空を担ってきた名機

航空自衛隊は様々な航空機を運用していますが、過去も含めて最も有名なのが主力戦闘機F-15Jではないでしょうか。同機は文字通り、戦闘機部隊の主力として40年以上も日本の防空を担っており、国民にとって馴染みのある戦闘機といえます。また、洗練された外見と抜群の信頼性から航空ファンのみならず、実際に操縦するパイロットからも人気が高い機体です。

⚪︎基本性能:F-15J戦闘機

全 長19.4m
全 幅13.1m
全 高5.6m
最大速度マッハ2.5(時速3,087km)
航続距離2,800km(増槽なし)
戦闘行動半径1,900km
固定武装20mm機関砲×1(940発)
価 格1機あたり約101億円

本機はアメリカが開発したF-15を日本がライセンス生産したものであり、見た目はアメリカのそれとあまり変わりません。F-15自体は1976年に米空軍で運用開始された戦闘機であり、当時としては圧倒的な高性能を誇りました。「イーグル」の愛称で親しまれるこの機体は初運用から半世紀近く経ちますが、もともと余裕ある設計であったため、近代化改修を経ながら現在まで使用されています。

F-15は敵の戦闘機を撃破して航空優勢を確保するための制空戦闘機ですが、公式には「撃墜されたがことない」のが最大の売りです。米空軍のF-15は湾岸戦争で初めて実戦投入されますが、敵機38機撃墜、被撃墜ゼロを記録します。また、同機はイスラエルやサウジアラビアなどでも導入され、それぞれ実戦を経験しますが、明確に敵に撃墜された機は現時点まで確認されていません。事故による喪失はありますが、空中戦では無敗を誇り、1度も撃墜されたことがない伝説から「世界最強の戦闘機」の異名を獲得します。

航空自衛隊のF-15J戦闘機(出典:航空自衛隊)

そんな最強の戦闘機F-15を日本の航空自衛隊は1981年から配備を開始し、累計で213機を調達しました。これはアメリカに次ぐ保有数であり、全国の基地に配備されたことで一般人が最も目にする機会が多い戦闘機となりました。F-15Jは冷戦期はソ連軍機に対するスクランブル任務にフル活用され、現在でもロシア機や中国機を対象とした同任務に就いています。

ちなみに、公式には敵に一度も撃墜されたことがない同機ですが、実は航空自衛隊は世界唯一の撃墜&被撃墜記録を持ちます。これは1995年に訓練中のF-15Jが誤まって空対空ミサイルによって僚機のF-15Jを撃墜してしまったというものです。撃墜されたF-15Jのパイロットは緊急脱出して幸いにも無事でしたが、これは航空機によって撃墜された唯一のF-15戦闘機となりました。謎なことに、撃墜されたこのF-15の残骸の一部が千葉県のゲームセンター「大慶園」に展示(というよりは放置?)されています。

ベテラン戦闘機の今後

航空自衛隊は現在も201機のF-15戦闘機を保有していますが、このうち半数近い94機は近代化改修を施しており、当初と比べて処理能力や電子機器の能力が向上しています。この近代化改修を英語で「Japan Multi-Stage Improvement Program(日本多段階能力向上計画)」と呼ぶため、頭文字から近代化改修機をJ-MSIP機と呼称することがあります。一方、近代化改修の対象外となったF-15(初期生産型)はPre-MSIP機とも呼称され、将来的には最新のF-35ステルス戦闘機に順次更新される見込みです。

ただ、J-MSIP機も日々進化する航空技術に対応すべく、さらなる能力向上と対地攻撃能力の付与を目指した2度目の近代化改修が計画されました。この再改修は、J-MSIP機のうち約70機が改修の対象でしたが、改修費用が予想以上に高騰したため、今年4月に防衛省は計画の全面的見直しを決めました。そのため、現時点ではF-15Jの再改修計画は頓挫しており、今後どうするのかが注目です。しばらくは現在のJ-MSIP機を運用し続けるものの、拡張性のある名機といえども限界はあります。

発進するF-15戦闘機(出典:航空自衛隊)

一方、世界に目を向けた場合、F-15は今後も各国で使用される予定です。例えば、本家のアメリカでは最新型のF-15EXが今年4月に発表されました。これは、最新のコックピットやレーダー、電子戦能力を備えた最新版F-15戦闘機です。F-15EXは対地攻撃能力も持つマルチロール機であり、米空軍は今後76機ほどを配備するそうです。

F-15EXは最新鋭のF-35よりも兵器搭載量や速度の点で優れており、耐用年数と維持費も有利です。ベースのF-15戦闘機がこれだけの長期間にわたって改修を施しながら使用されていることを考えると納得はできますね。そのため、米空軍としては最新鋭のステルス戦闘機F-35を主力に据えつつ、必ずしもステルス戦闘機が求められない作戦にはF-15EXを投入するオプションを選択したのでしょう。航空自衛隊も、J-MSIP機の改修費用と照らし合わせたうえで、F-15EXの導入を検討する可能性があります。いずれにせよ、半世紀にわたって空を制してきた名機は今後もしばらくは日本の空を飛び続けます。

1 ・・・次のページ

コメント

タイトルとURLをコピーしました