かつて最速?退役した海自・1号型ミサイル艇の惜しい性能

自衛隊
この記事は約4分で読めます。

遅れて登場した海自初のミサイル艇

小型で機動力に優れ、対艦ミサイルによる打撃力を持つ「ミサイル艇」は、かつて各国で運用されていた魚雷艇のポジションを奪う形で戦後登場しました。

比較的廉価にも関わらず、対艦ミサイルで高価な大型艦も仕留められることから中小国の海軍や沿岸防衛で重宝されました。

こうしたなか、日本も遅ればせながら1990年代に初のミサイル艇「1号型」を導入したわけです。

⚪︎基本性能:1号型ミサイル艇(退役済み)

排水量 50t(基準)
全 長 21.8m
全 幅 7m
乗 員 11名
速 力 46ノット(時速85km)
航続距離 約740km
兵 装 20mmバルカン砲×1
対艦ミサイル×4
価 格 1隻あたり約66億円

海上自衛隊は1970年代に時代遅れになりつつある魚雷艇に代わってミサイル艇導入を目指したものの、オイルショックを受けて計画が頓挫しました。

その後、1980年代にようやく再度検討が行われ、1990年代に海自初のミサイル艇として建造されたのが3隻の「1号型」。

最大の特徴は「水中翼(ハイドロフォイル)」と呼ばれる技術を導入したことですが、これは船の下に「翼」を付けて海面との接触面を小さくして、水の抵抗を大きく減らします。

この技術を採用すれば、通常船よりもはるかに高速航行ができるため、一部の民間フェリーも採用しています。

「1号型ミサイル艇」もこの技術によって、海自で当時最速の46ノットという俊足を誇り、未だにこの記録は破られていません。

通常の艦船はどんなに大型で高出力なエンジンを搭載しても、40ノット前後で頭打ちとなるため、「46ノット」という数字がいかに驚異的かが分かります。

このミサイル艇の設計には、同分野で先行していたイタリア海軍のものを踏襲しており、船体にはアルミ合金が多用されました。満載排水量60トンという小さな船体に対して、国産の90式対艦ミサイルを4発も搭載して高い打撃力を獲得しました。

1号型ミサイル艇(出典:海上自衛隊、筆者加工)

この対艦ミサイルがまさに「要」であり、相手から見れば、小型高速船がちょこまか動き回ると思ったら、いきなり対艦ミサイルを撃ってくるわけです。

また、護衛艦が8発の対艦ミサイルを搭載している点を考えると、排水量ではるかに小さい「1号型ミサイル艇」が4発も載せていたのは特筆すべきでしょう。

ほかにも、遠隔操作式の20mmバルカン砲を設置していましたが、これは不審船に対する威嚇射撃を想定したものでした。北朝鮮の工作船などを追跡する場合は、大きな護衛艦よりも俊敏なミサイル艇の方が適任だったのです。

そして、小型ながら情報処理・共有システムも有していたので、P-3C哨戒機と連携しながら不審船を追跡できました。

俊足だが、小さすぎて使いづらい

海自初のミサイル艇として期待された「1号型」でしたが、荒波に対する船体強度や抗堪性の不足が判明した結果、冬の日本海での運用が難しくなりました。

さらに、小さい船体に重い対艦ミサイルを4発も載せながら、最速46ノットで動き回るため、転覆防止の重心管理が厳しく、グラム単位での重量制限が徹底されていました。

したがって、11名の乗員が過ごす居住区は快適とは程遠く、物資や備品も最低限で済まされます。こうした制限を受けて、ミサイル艇の寄港予定地には整備・補給を行う部隊があらかじめ展開して、トラックで食料や水を現地まで運ぶ必要がありました。

結局、あまりに小さい船体は地上の支援部隊に依存せざるを得ず、長期間活動や独立行動には不向きだったのです。

こうした荒波に対する弱さと地上部隊への依存から、「1号型ミサイル艇」は使いづらいとの評価を下され、就役期間も15年ほどでした。

期待どおりの性能を発揮できず、「短命」に終わった「1号型ミサイル艇」ですが、水中翼導入を含む実験的な意味合いが強く、得られた教訓はその後の「はやぶさ型」ミサイル艇で活用されました。

この「はやぶさ型」は1号型の反省点をふまえて船体を大型化させ、地上部隊に依存しない独立行動能力も獲得しました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました