中国海軍が恐れる自衛隊の12式地対艦ミサイルとは?

発射されるミサイル 陸上自衛隊
この記事は約3分で読めます。

最新の国産地対艦ミサイル

敵艦船撃破の任務も帯びる陸上自衛隊では、長年にわたって88式地対艦ミサイルを運用してきましたが、現在は「12式地対艦ミサイル」への更新が進んでいます。

この30年間で水上艦船の防空能力は大きく向上しており、12式地対艦ミサイルはこれら防空網を突破して、確実に仕留められる切り札として開発されました。

  • 基本性能:12式地対艦ミサイル
重 量 700kg
全 長 5.0m
直 径 0.35m
速 度  時速1,100km以上
射 程 200km以上
価 格 1発あたり約4億円

SSM(Surface to Ship Missile)の略称で知られる地対艦ミサイルは、数億円と引き換えに軍艦という高価値目標を撃破できるため、費用対効果に優れた兵器となっています。

日本では敵に探知されにくい山間部からの発射が容易なことから、冷戦期を通じて「地対艦ミサイル連隊」の整備に注力してきました。

そして、この地対艦ミサイル連隊の中核を担うのが、6発のミサイルを搭載した大型トラックですが、ほかにも射撃管制装置や捜索レーダー、再装填装置などとひとつのシステムを組んで運用されます。

最新の12式地対艦ミサイルでは、海上自衛隊のP-1哨戒機とのデータリンクによってリアルタイムの情報更新が可能となり、飛行経路の修正精度が向上しました。しかも、目標の大小に対する識別能力も高めたことで、より確実な命中を期待できます。

東シナ海全域を射程圏内へ

射程距離については約150〜200kmといわれているものの、敵の射程圏外から攻撃する「スタンド・オフ能力」の獲得を急ぐ防衛省は、これを900kmまで延伸した「能力向上型」の開発を進めています。

もし、これを南西諸島を配備した場合、東シナ海全域が余裕で射程に収まり、中国海軍にとっては非常に厄介な状況となります。

この能力向上型はF-15J戦闘機から発射するタイプも開発予定で、同じ国産の「ASM-3(改)」とともに航空自衛隊の対艦攻撃能力を強化する存在として期待されています。

900kmへの延伸で東シナ海と中国本土沿岸部は射程圏内へ

最終的には射程を1,500kmまで伸ばす話も出ていて、トマホーク巡航ミサイルの導入による対地攻撃能力と合わせて、防衛政策の大転換を示す代表例になりそうです。

中国海軍の拡張が止まらないなか、人も予算も足りない海自が真正面から対抗するのは不可能で、費用対効果に優れた長射程ミサイルを使った「日本版A2AD」を目指すしかありません。

そして、これを構成する重要なピースとして12式地対艦ミサイルとその能力向上型は欠かせません。

まだまだ有効!88式地対艦ミサイルの性能と威力
地対艦ミサイル連隊の主力 日本上陸を目指す敵を海岸線付近で迎え撃ち、撃退するのは陸上自衛隊の務めです。この際、沖合の敵艦艇を攻撃して上陸自体を防ぐのが...

コメント

タイトルとURLをコピーしました