トップクラスの実力?海自掃海艇

海上自衛隊

「海の地雷」を取り除く掃海艇

海における安全な航行を妨げる存在として「機雷」が挙げられます。これは、海バージョンの地雷であり、特定の航路や海域を封鎖することすら出来る厄介な存在です。太平洋戦争末期には、本土決戦に備えた日本軍が5万個近く、日本封鎖を目論む米軍が1.2万個以上の機雷を敷設しました。

このように、大量の機雷によって近海の海上交通路が壊滅した反省から、戦後の海上自衛隊は機雷を除去する「掃海」にかなり力を入れてきました。そして、この掃海任務を担当して航路の安全を確保するのが「掃海艇」と呼ばれる船の役割です。当然、機雷除去には大きな危険が伴うため、掃海艇には特殊な装備とそれらを適切に扱える人員が必要です。

海上自衛隊は現在「えのしま型」「ひらしま型」「すがしま型」の計3種類の掃海艇を保有しています。

えのしま型(最新)ひらしま型すがしま型
排水量570トン570トン510トン
全 長63m57m54m
全 幅9.8m9.8m9.4m
速 力14ノット(時速26km)14ノット(時速26km)14ノット(時速26km)
乗 員48名48名45名
兵 装20mm機関砲×120mm機関砲×120mm機関砲×1
船 体繊維強化プラスチック(FRP)木造木造
価 格1隻あたり約200億円1隻あたり約175億円1隻あたり約140億円
建造数3隻3隻12隻

掃海艇の特徴は「船体」にあります。機雷には磁気に反応して爆発するタイプがあるため、掃海艇は磁気を帯びない木造が主流です。ただ、木造は腐食が進みやすいため、最近は耐久性のある繊維強化プラスチック(FRP)を使うケースも見られます。

掃海艇は護衛艦と比べると小型ですが、機雷を処分するための特殊装備を搭載しているため、建造費は意外と高いです。例えば、えのしま型の排水量はあきづき型護衛艦の約1/10ですが、建造費は1/4以上となっています。

最新の「えのしま型」掃海艇(出典:海上自衛隊)

掃海艇は機雷探知機(ソナー)を使って機雷を見つけた後、掃海具と呼ばれる装備を使って機雷を爆破処分します。機雷には磁気反応型の他に、接触によって爆発する触発型、スクリュー音に反応する音響反応型、船の航行で生じる水圧差や微弱な電流に反応するタイプがあります。そして、厄介なことに感知後に魚雷を撃ってくるタイプすら存在します。

これら多種多様な機雷を除去するための掃海具を一式揃えているのが掃海艇になります。例えば、音響反応型であれば曳航式の掃海具から音波を発して機雷をあえて反応、爆発させます。また、最近では遠隔操作できる無人潜水艇を使って機雷に爆薬を取り付けることもあるそうです。他にも、水中処分員が直接爆薬を取り付けたり、搭載している20mm機関砲で銃撃処分する場合もあります。

高い実績を持つ海自掃海艇

さて、冒頭で太平洋戦争末期に日本近海は6万を優に超える機雷で埋め尽くされたことを述べました。戦争が終わると当然これを除去する必要があり、日本海軍が消滅した後も掃海部隊は事実上存続します。復興をしようにも、海上交通路が機雷だらけではどうしようもなく、掃海が優先課題とされたのです。掃海部隊は数年かけて日本近海の掃海を行いますが、80名近い殉職者と200名以上の負傷者を出します。

こうして膨大な数の機雷除去に成功した掃海部隊は、その実力を買われて非公式な特別掃海隊として朝鮮戦争に投入されます。半島近海で2ヶ月にわたって29個の機雷を除去しますが、触雷によって1隻が沈没し、1名の殉職者を出しています。ただ、この働きは連合軍側から大いに評価され、その後の海上自衛隊創設に向けて影響を与えたと言われているほどです。

海上自衛隊発足後も掃海部隊は定期的に発見される戦時中の機雷の処分に励みます。ほとんどの機雷は機能停止した不発弾のような状態ですが、潜在的には危険であることに変わりありません。今でも年間で平均3〜4個の機雷が見つかり、海自の掃海部隊が処分しています。

機雷を爆破処分する掃海艇(出典:海上自衛隊)

そして、海自の掃海部隊に一躍注目が集まったのが1991年の湾岸戦争です。この時、原油を運ぶタンカーが無数航行するペルシャ湾に機雷が敷設されたため、一刻も早い掃海が求められていました。また、湾岸戦争では日本は多額の資金援助を行ったが人的貢献はしなかったため、戦後の感謝広告には日本の名は載らなかったのです。こうした経緯からも、戦闘以外での人的貢献を行うためにペルシャ湾に掃海部隊を派遣しました。

派遣された部隊は掃海母艦1隻、補給艦1隻、掃海艇4隻でしたが、担当した海域は同様に派遣されていた他国海軍が遠慮するほどの危険かつ難しいものでした。この危険海域を引き受けた海自掃海部隊は殉職者及び負傷者を出すことなく、17個の機雷除去に成功します。その後も、他国海軍が帰っていく中で別海域での掃海を実施し、こちらでも17個の機雷を処分します。

機雷掃討用の無人潜水機(出典:海上自衛隊)

この危険が伴う働きに対して、諸外国から高評価を得るとともに、海自の掃海能力の高さに注目が集まります。しかし、この「実戦」を通じて掃海技量は高いものの、装備については諸外国と比べて劣っていることが判明しました。派遣を通じて課題も見つかったことが、その後建造される掃海艇の改善に繋がったのです。

現在の海自・掃海部隊は技量と実績では世界トップクラスであり、装備についても他国と遜色ない充実ぶりになってきています。ただし、これは自衛隊全般に言えることですが、「無人装備」の研究と配備では諸外国に遅れを取っています。特に、機雷掃討用の無人潜水艇は今後の機雷戦におけるカギとなります。今後は、掃海部隊の縮小と対機雷戦能力を持つ「もがみ型」護衛艦が就役するため、海自の掃海部隊も大きく変わっていきます。

関連記事:掃海母艦の役割とは?

1 ・・・次のページ

コメント

タイトルとURLをコピーしました