爆弾を精密誘導するJDAM

アメリカ軍

ただの爆弾を誘導爆弾に改修するキット

ミサイルと違って、本来の爆弾は誘導機能を持たないので第二次世界大戦のような目標に肉薄して命中させる急降下爆撃や照準器で計算して投下するイメージが強いものの、今は「JDAM(ジェイダム)」と呼ばれる装置によって誘導機能を簡単に付与できるようになりました。

「Joint Direct Attack Munition(統合直接攻撃弾)」の略称であるJDAMは爆弾自体の名称ではなく、Mk.48爆弾を始めとする無誘導爆弾を全天候型の誘導爆弾に進化させる装置(キット)のことを指しますが、実際には爆弾本体を含む総称として定着しています。

JDAM化された爆弾はGPS機能と自身のセンサーによる慣性航法を使って尾翼を制御しながら自律飛行を行い、あらかじめ設定された目標へと向かいますが、母機からの指令があれば途中の目標変更も可能です。この飛行過程では母機による誘導を必要としないので進行方向と逆方角の目標に対しても投下可能であり、このあたりは悪天候では使えず、命中まで目標を捉え続けなければならないレーザー誘導爆弾よりも優れているといえます。

さらに、途中で設定を変更できないものの、JDAM化された爆弾は事前の信管調整によって空中から目標への直撃・貫通後など様々なタイミングでの起爆を選べるとともに、1機の航空機に複数搭載すれば目標の確実な破壊、または多目標への同時攻撃ができます。

多数のJDAM爆弾を搭載したF-15E戦闘機(出典:アメリカ空軍)

また、JDAMの魅力は通常爆弾を簡単に誘導爆弾化を比較的安価に実現できる点にあって、例えば、最も使用されるMk.48爆弾(炸薬量:約430kg)の調達価格はおよそ40万円ですが、約200万円のJDAM装置を取り付けることで精密誘導爆撃が可能となり、ヘルファイアのようなミサイルを購入するよりはるかに安上がりです。

では、肝心の命中率はどのようなものなのか?

初実戦となった1999年のコソボ紛争ではB-2ステルス爆撃機とともに投入され、実に650発以上のJDAM爆弾が高高度より投下されましたが、その命中率は87%でした。命中精度が格段に落ちる高高度爆撃であることを考えれば、この数字は極めて高く、事前に行われた実証試験で雨や雪といった様々な気象条件でも命中精度が特段変わらなかった点も合わせれば、JDAMは信頼に十分値する対地兵器と評価できます。

ただ、運用側の確認ミスが原因とはいえ、JDAM爆弾はコソボ紛争であの有名な中国大使館誤爆事件を引き起こし、その後のイラク・アフガニスタン戦争でも誤爆事故を発生させていることから、どんな優れた兵器も使い方を誤れば悲劇につながることを改めて証明しました。

進化するJDAMと自衛隊の貴重な対地攻撃能力

さて、20世紀末に登場したJDAM爆弾は安価で簡単な利点からアメリカ以外にもオーストラリア、イスラエル、サウジアラビア、オランダなどの同盟国・友好国が導入しており、シリーズで累計20万発以上が生産されました。手軽に対地攻撃能力を入手できるので日本の航空自衛隊もF-2戦闘機向けに購入しましたが、自衛隊が使用するのは「LJDAM」というレーザー誘導機能を追加することで移動目標への攻撃も可能にした改良型です。

もっぱら対地攻撃用のJDAM爆弾ですが、最近では海上目標に対する攻撃も見据えるようになり、特に世界に衝撃を与えたのがJDAM爆弾を船の真横に投下して真っ二つする「クイックシンク」という攻撃方法です。他にも、翼を追設した射程延伸型の「JDAM-ER」が開発された結果、その攻撃範囲は従来の30km程度から最大80kmまで拡大したため、対中国を想定した西太平洋での使用も現実味を帯びてきました。

ミサイルと比べて速度の遅いJDAM爆弾は迎撃されやすいものの、そもそも安価な兵器なので優れた費用対効果を期待できるうえ、 ミサイルと組み合わせて使えば相手の防空網を圧迫し、トマホーク巡航ミサイルLRASMミサイルのような「本命」の生存率向上につながります。いわば、安いJDAM爆弾が先陣を切ることで敵の迎撃を集中させ、切り札のスタンドオフ・ミサイルなどが突破しやすい状況を整えるのです。

1 ・・・次のページ

コメント

タイトルとURLをコピーしました