和製イージス?あきづき型護衛艦

海上自衛隊

自分も僚艦も守る防空スペシャリスト

「あきづき型」は海上自衛隊の汎用護衛艦であり、従来の「たかなみ型」よりも高い防空能力を持ちます。そのため、艦隊の防空担当艦として期待されており、艦名も旧日本海軍の防空駆逐艦「秋月型」から引き継いでいます。

⚪︎基本性能:あきづき型護衛艦

排水量5,050t(基準)
全 長150.5m
全 幅18.3m
速 力30ノット(時速55.6km)
乗 員約200名
兵 装62口径5インチ砲×1
垂直ミサイル発射機(VLS)32セル
20mm CIWS×2
90式対艦ミサイル×8
3連装短魚雷発射管×2
魚雷防御装置
電子戦装備
艦載機SH-60K哨戒ヘリ×1
同型艦4隻
建造費1隻あたり約750億円

最大の特徴は新しい射撃指揮システム「FCS-3」を導入したことによって大幅に向上した防空能力です。従来の汎用護衛艦は自艦防空で精一杯だったのに対して、「あきづき型」は僚艦も防空することを前提に建造されました。

本来、艦隊の防空はイージス艦の役割ですが、弾道ミサイル迎撃(BMD)に対応している間は同時並行で行うのが難しいとされており、代わりに「あきづき型」が防空の一部を担当して僚艦を守ります。ただ、イージス艦でも「あたご型」と「まや型」はBMDと艦隊防空を同時に遂行する能力を有しています。

さて、この「僚艦防空能力」ですが、簡単に言えば、自分に迫り来るミサイルだけではなく、離れた位置にいる味方艦に向かうミサイルも迎撃できるということであり、それを支えるのが広域をカバーするレーダーと複数の目標に同時対処する能力です。

まず、レーダーについてはイージス艦でも見られる平面型の多機能レーダー(固定式フェーズド・アレイ・レーダー)を四方に配置しており、従来の護衛艦と比べて広範囲を常時警戒できるとされています。

レーダーで探知した目標は射程50kmのESSM対空ミサイルを使って迎撃しますが、この際に同時誘導できるミサイルの数はイージス艦に匹敵するとさえ言われています。あくまで筆者の推測ですが、最大8〜12発のミサイルを同時誘導できるのではないでしょうか。

ネームシップの「あきづき」(出典:海上自衛隊)

高い防空能力を持つ「あきづき型」は「和製イージス」「ミニ・イージス」と称することもありますが、実際にイージス艦と比べた場合はどうなのでしょうか?

答えから言うと、やはりイージス艦の方が明らか優位です。

例えば、「あきづき型」がレーダーで探知できる距離はイージス艦よりも約200km短く、迎撃ミサイルの射程も50kmのESSMを用いるため、割と近距離での対空戦を強いられます。そのため、仮に同時対処能力がイージス艦と同等であっても、実際に迎撃できる距離と時間が短いので総合的な防空能力ではイージス艦には敵いません。

とはいえ、イージス艦をサポートする防空艦としては十分な能力を有しており、汎用護衛艦としての防空能力も飛躍的に伸びたと言えるでしょう。

このように汎用護衛艦として初めて僚艦防空能力が付与された「あきづき型」は計4隻が建造され、「こんごう型」イージス艦が所属する護衛隊に1隻ずつ配備されました。これは「こんごう型」4隻がBMDと艦隊防空に同時対処できないことを踏まえた配置とみられます。

「次世代」を意識した汎用護衛艦

防空駆逐艦であった初代の使命を受け継ぐ「あきづき型」ですが、見た目も従来の護衛艦と一線を画しています。まず、目に付くのがステルス性を意識したデザインです。例えば、マストはレーダーに反射する面積を縮減した小型のステルスマストを採用しており、魚雷発射管などの装備も甲板上の配置ではなく収容式にしています。

また、新しい情報処理システムと戦闘指揮システムを搭載することで、対空・対水上・対潜の各機能が統合されています。これによって戦闘時における反応速度が飛躍的に向上しており、通信手段の拡充も相まって米軍との連携もしやすくなりました。

こうして次世代を意識したコンセプトと構造は、今後建造される汎用護衛艦も踏襲していくと思われます。実際、最新の汎用護衛艦「あさひ型」は基本設計をほとんど受け継いでおり、「準同型艦」と言っても良いぐらいよく似ています。

「あきづき型」と「あさひ型」を混同する人が多いですが、「あきづき型」が防空重視なのに対して「あさひ型」は対潜重視の艦であり、「あさひ型」は僚艦防空能力を持ちません。

米海軍のステルス沿岸戦闘艦と訓練する「てるづき」(出典:海上自衛隊)

海自の和製イージスは就役してまだ年数が新しく、少なくとも今後20年は第1線級で運用され続ける見込みであるため、当面は日本艦隊主力の一翼を担う存在です。今や海上自衛隊は冷戦期に言われていた「米第7艦隊の補助部隊」から共に最前線を担当する「日米(豪英)連合艦隊」に成長しつつあり、同盟諸国が本艦に寄せる期待も高いと言えます。

対する「仮想敵国」の中国も、ニュース番組内や軍事雑誌で「あきづき型」と自国のイージス艦をよく比較しており、軍事専門家が中国艦に軍配を挙げるのがお約束の展開となっていますが、それだけ気になるという裏返しでしょう。

対する日本側も、新鋭の「すずつき」を中国海軍創設70周年記念観艦式に送って一定のアピールをしており、意外なことに一般公開では「すずつき」が中国人に大人気だったそうです。抗日ドラマや共産党の歴史教育で「日本軍=凶悪」を教えられた中国人からしたら、その現代日本軍の軍艦はある意味「興味の対象」でしかないでしょう。

⚪︎関連記事:あさひ型護衛艦とは

1 ・・・次のページ

コメント

タイトルとURLをコピーしました