海保の象徴?巡視船「しきしま」

海上保安庁

核燃料の護衛を担う世界最大の巡視船

四方を海に囲まれた日本は領海と排他的経済水域を合わせると世界6位の海洋面積を有しますが、この広大な海の安全を日頃から守っているのが海上保安庁です。むろん、海上自衛隊も海の護りを担いますが、事実上の軍隊である自衛隊は最後の砦であり、警察力として平時において睨みを効かせているのが海上保安庁になります。

そんな海保が海を守るために欠かせないのが巡視船及び巡視艇であり、その保有数は370隻以上と世界有数の規模を誇ります。当然、長期間かつ外洋でのパトロールには約140隻ある大型の巡視船が投入されますが、特に最大級の規模で、長年にわたって海保の象徴と評されてきたのが「しきしま」です。

⚪︎基本性能:巡視船「しきしま」

排水量6,500t (基準)
全 長150m
全 幅16.5m
乗 員110名+航空要員30名
速 力25ノット (時速46.3km)
航続距離最大2万浬 (37,000km)
装 備35mm連装機銃×2
20mmバルカン砲×2
艦載機AS 322ヘリ×2
価 格約350億円

「しきしま」は1992年に就役した海上保安庁の大型巡視船であり、建造当時は世界最大の巡視船として注目を集めました。現在、中国海警局の艦船が世界最大となりましたが、それでも「しきしま」は今なお三番手の座を維持しています。同型船がなく、従来の巡視船と比べても異例の大型船となった「しきしま」ですが、そもそもなぜ建造されたのか?

実は、本船は海外から日本にプルトニウムを運ぶ際にこれを護衛するために建造されました。少し説明すると、日本の原子力発電所で生じた使用済み核燃料は一旦イギリスまたはフランスの再処理工場でプルトニウムと廃棄物に処理されますが、この取り出したプルトニウムを再び日本に持ち帰って再利用する構想がありました。「プルサーマル発電」と呼ばれるこの構想には再処理で抽出したプルトニウムを英仏から日本まで海上輸送するわけですが、通常の貨物とは異なる核燃料となれば当然護衛が必要となります。

当初は民間貨物船に海保の人員が小銃を持って同船し、航海の一部はフランスやアメリカの軍艦が護衛しました。しかし、それでも途中でテロリスト等に奪取される可能性が否めず、アメリカが特に懸念を示したことから日本政府も他人任せではない対策を講じる必要に迫られたのです。そこで、欧州から日本までの長距離を航行でき、武装を持つ大型巡視船を建造することにしたのです。こうして核燃料の護衛という特殊な任務を帯びた巡視船「しきしま」が登場することになりました。

海保の巡視船としては異例の重武装、高性能

核燃料をテロリスト等から守るために造られた「しきしま」は、船の前後に2基の35mm連装機銃、艦橋前の左右に2基の20mmバルカン砲を配置していますが、従来の巡視船と違って射撃指揮装置を使用した遠隔操作が可能となっています。35mm機銃はスペック上は毎分550発、約5,000mの射程を誇りますが、連装にすることで火力を強化しており、海賊やテロリストが使う小型船舶であれば容易に撃破できます。

このように巡視船として異例の重武装であり、その火力は今までの海保装備と比べても強力ですが、それでも核燃料を守るには「心許ない」という指摘がありました。しかし、少なくとも軍艦以外であれば十分な損害を与えることができ、相手が海賊やテロ組織などの非正規組織ならば撃退可能でしょう。それ以上の相手と言えばもはや他国の国家機関になりますが、そうなれば海保の手には負えず、海上自衛隊の出番となります。

「しきしま」の主な特徴(出典:海上保安庁)

このように巡視船としては割と重武装の「しきしま」ですが、他にも対空レーダーを装備するなど、当時の巡視船としては異例の装備を搭載していました。実際、建造時は対空レーダーを装備した唯一の巡視船であり、このレーダーも海上自衛隊の護衛艦が使っていたものの改良型でした。

さらに、ヘリコプターを2機も搭載・運用できる航空能力が付与されており、海上における貴重な航空運用拠点として今でも重宝されています。むろん、海上救難も主任務である海保の巡視船なので2隻の警備艇に加えて、全天候型の救難艇も2隻搭載しており、2機のヘリと合わせると非常に高い救難能力を有していると言えます。

船の構造も外洋での長期航海と任務の特殊性を考慮して、軍艦に準じた設計となっており、艦橋の窓を含む外回りの多くが防弾仕様となっています。また、対テロを意識した情報流出防止のため、「しきしま」の乗員は数名の幹部以外は名簿に載っておらず、秘密主義を貫いているそうです。

このように特殊任務を見据えて巡視船としては異例の武装及び各種能力を有することになった「しきしま」ですが、実際に核燃料の護衛に就いたのは1回のみであり、それも就役直後の1992年11月のことでした。この時、フランスを出港した際に環境活動家の船に体当たり攻撃されましたが、こういう事案も想定した強固な船体が幸いして任務には全く支障が出ませんでした。

その後、プルサーマル計画が延々と進まず、2011年の福島原発事故を受けて原子力発電そのものが難しくなったことで「しきしま」の出番もなくなりました。そのため、長大な航行能力と航空運用能力を生かして遠方へのパトロールや東南アジア・太平洋諸国への派遣に投入され、近年は増大する中国海警局の船に対抗するために尖閣諸島海域で活動することが多いです。

航行する大型巡視船「しきしま」(出典:海上保安庁)

特に、質・量ともに強化している中国海警局の前に海上保安庁も劣勢気味であり、中国の大型船に対抗できる貴重な戦力として「しきしま」が再び期待されているのです。したがって、当初は延命工事を施すつもりでしたが、就役から既に30年が経過している本船は老朽化が相当進んでいるらしく、一旦は代わりの巡視船を建造することになりました。しかし、その後ほぼ同型船といえる「あきつしま」や最新鋭の大型巡視船「れいめい型」が建造されたものの、結局「しきしま」の代替という扱いにはなっておらず、「しきしま」は今なお現役のままです。

これは増強著しい中国海警局に対抗するために12隻の巡視船による尖閣領海警備専従体制を確立させることを優先した結果でもあり、大型化する中国船の前では老朽化しているといえども「しきしま」は数少ない大型巡視船なのです。そのため、本来は引退目前であった「しきしま」ですが、現在も海保の貴重な大型戦力として活動しており、今後も数年間は現役続投となる見込みです。

⚪︎関連記事:海保最大級?巡視船「あきつしま」

1 ・・・次のページ

コメント

タイトルとURLをコピーしました