身近な火砲?自衛隊が使うL61 81mm迫撃砲の威力

陸上自衛隊
この記事は約3分で読めます。

普通科中隊の頼れる火力

地上戦で勝敗を分けるとされるのが「火力」の優劣であり、敵を阻止する防衛戦でも、攻勢をかける場合でも、火砲なくして成功はありません。

2022年のロシア・ウクライナ戦争でも大規模な砲兵戦が行われたように、「火力」の必要性は今も昔も変わらないわけです。

自走砲やロケット砲などは大火力を誇る反面、これら大型兵器は高くて、運用も大変という事情があります。よって、最前線で活動する兵士にとって身近で頼りになる火力のひとつが「迫撃砲」です。

もちろん、迫撃砲も大きさや種類によって運用難易度が異なり、自衛隊で最も大きい120mm重迫撃砲は火力こそ絶大なものの、人力運搬はできず、車両での牽引を必要とします。

これに対して、中隊規模の火力として重宝されているのが軽量の「81mm迫撃砲」です。分解すれば3〜4名の隊員で運べるので、普通科隊員(歩兵)にとっては身近な火砲になります。

⚪︎基本性能:L16 81mm迫撃砲

全 長 1.28m
口 径 81mm
重 量 36.6kg
射 程 最大5,650m
発射速度 最大20発/分
操作要員 3名
価 格 1門あたり約1,000万円

200名ほどで構成される普通科中隊の火力を支える「L16 81mm迫撃砲」は、もともとはイギリスが開発して、あの米軍も使っているものです。

旧式化した「64式 81mm迫撃砲」の後継として1990年代に導入されたもので、64式の重さが56kg、射程が約3,500mだったのに対して、L16では約3割の軽量化と1.6倍の射程延伸を実現しました。

アルミ合金を使ったおかげで、同じ81mm級の迫撃砲のなかでもズバ抜けて軽く、運搬要員の負担減と随伴弾薬の増加につながりました。さらに、分解輸送で山岳地帯にも展開できるため、国土の約7割が山地の日本に適した装備です。

バランスの取れた威力と速度

81mm迫撃砲そのものは照準手と装填手、距離にあわせて装薬を調整する弾薬手の3名で運用する仕組みで、通常はここに全体統括や指示を行う班長が加わる形です。

砲身はライフリング構造を採用しておらず、むしろ砲弾側に翼を付けて安定軌道を描きます。そして、砲弾は通常榴弾に加えて、発煙弾や照明弾にも対応しています。

演習で81mm迫撃砲を発射する様子(出典:陸上自衛隊)

さすがに威力では120mm重迫撃砲には劣るものの、至近弾でさえ敵兵をなぎ倒し、直撃すれば軽装甲車両ぐらいは大破させられます。

決して良い事例ではありませんが、装薬量の誤りによる演習場外への着弾事故では、40mも離れた車の窓ガラスが割れました。この事故は装薬調整の重要性と同時に迫撃砲の威力を示しました。

また、発射速度は120mm重迫撃砲を上回り、継続的かつ濃密な射撃では重宝される火砲です。したがって、重迫撃砲や榴弾砲を待つ余裕がない状況では、その場を乗り切るための貴重な火力になります。

陸上自衛隊・120mm重迫撃砲RTの大威力と射程距離
普通科部隊を支える大火力 榴弾砲と自走砲よりも軽く、少人数運用で相手に打撃を与えられる「迫撃砲」は、連続射撃と生産性(価格)でも有...

コメント

タイトルとURLをコピーしました