戦う斥候?87式偵察警戒車

車両・火砲

交戦前提の威力偵察用として

戦闘においては、まずは情報を集めることが必須であり、そのための手段の一つが「偵察」です。技術が発達した現代では人工衛星や航空機、無人機を使った偵察が主流ですが、どんな場面でも最終的な判断を下すのは人間であり、実際にヒトが確かめることも欠かせません。

通常、偵察は敵に悟られない隠密行動を前提としますが、あえて敵と交戦することで相手戦力の規模や装備、実力を測るという「威力偵察」もあります。この交戦を前提とした威力偵察を行う場合、偵察側は一定の反撃能力を備えており、陸上自衛隊でこうした任務に投入されるのが「87式偵察警戒車」です。

⚪︎基本性能:87式偵察警戒車

全 長5.99m
全 幅2.48t
全 高2.8m
重 量15t
乗 員5名
速 度時速100km
航続距離500km
兵 装25mm機関砲×1
7.62mm機関銃×1
価 格1両あたり約3億円

陸上自衛隊ではオートバイや小型トラックを偵察任務に使ってきましたが、非装甲のこれら車両は威力偵察に不向きであり、一定の火力と防御力を持つ偵察車両の必要性が浮上しました。また、1970〜80年代にかけて日本の道路網が急速に整備されたことを受けて、元々不足していた装輪装甲車の需要もさらに高まり、日本初の偵察戦闘車(RCV)である87式偵察警戒車が開発されます。

「RCV」と「ブラックアイ」の愛称を持つ87式偵察警戒車は、82式指揮通信車を担当した小松製作所が製作を手がけており、指揮通信車と同じ部品を一部使うことでコストを抑えました。現在に至るまで、2両の試作車を含めた計113両が生産され、全国各地に配備されましたが、戦車を持たない一部の部隊にとっては貴重な装甲火力となっています。

偵察隊の貴重な機甲戦力である87式偵察警戒車(出典:陸上自衛隊)

本車は6つの大型タイヤで動く装輪装甲車であり、敏速が求められる偵察任務に相応しい時速100kmの高速性能を有します。タイヤは多少の被弾でも引き続き走行できるコンバットタイヤを採用しており、通常は後ろ4つを駆動させる4WDで走行しますが、不整地走破時など状況に応じて6WDに切り換え可能です。

メインの火力として、有効射程3,000mの25mm機関砲を回転式砲塔に装備しており、対空射撃にも使えるこの機関砲には通常400発の弾薬が装填されているそうです。この25mm機関砲は戦車相手には心許ないですが、非装甲車両や対人攻撃には十分すぎる威力を発揮します。副武装については対人攻撃用の7.62mm機関銃を搭載していますが、車内に84mm無反動砲のような火器を格納することで火力を増強することも一応可能です。

一方、防御力については全体的に防弾鋼板で装甲化されているため、小銃弾や機関銃の攻撃、砲弾などの至近弾には耐えられます。ミサイルなどによる直撃はさすがに無理ですが、本車はあくまで偵察車両であり、本格的に交戦して敵を撃破することが任務ではありません。そのため、一定の火力と防御力があればいいという発想なのでしょう。

射撃する87式偵察警戒車(出典:陸上自衛隊)

偵察車両である本車には、車長と運転手、機関砲を操作する砲手以外に2名の斥候員が前後に乗り込みます。偵察用装備として、本車には地上レーダーと暗視装置が設置されており、後方の斥候員はさらに潜望鏡やカメラを用いた監視が可能です。

さて、偵察部隊の戦力を一気に強化した87式偵察警戒車ですが、後継車については特に決まっておらず、具体的な計画もないのが現状です。以前、89式装甲戦闘車の後継構想であった「近接戦闘車」の偵察タイプを作る話がありましたが、結局は研究のみで終わってしまいました。そのため、本車を置き換える後継車両の計画は現時点ではなく、当面は現役のままということになります。

1 ・・・次のページ

コメント

タイトルとURLをコピーしました