現場統率の要、82式指揮通信車

車両・火砲

戦後初の装輪装甲車として

「装甲車」といえば、戦車と同様のキャタピラ式をイメージする人が多いと思いますが、昨今はタイヤ式(装輪式)が主流となりつつあります。本来、舗装されていない不整地を走行するのにはキャタピラ式の方が適していますが、全体的な機動性では装輪式に劣ってしまいます。

また、地道な研究とタイヤ技術の向上の結果、装輪式でも不整地で十分な走破性を発揮できることが判明しており、舗装率が高い日本に限っていえば装輪式でも問題ないと考えられています。機動力をより重視する傾向は最新の19式装輪自走榴弾砲や16式機動戦闘車でも見られますが、陸自でその先駆けとなったのが82式式通信車です。

⚪︎基本性能:82式指揮通信車

全 長5.72m
全 幅2.48m
全 高2.38m
重 量13.6t
乗 員8名
速 度時速100km
行動距離500km
兵 装12.7mm機関銃×1
7.62mm機関銃×1
5.56mm機関銃×1
価 格1両あたり約1億円

「シキツウ」の愛称で呼ばれる82式指揮通信車は、最初から通信機能に重きを置いた珍しい装甲車であり、最前線で部隊を指揮及び統率する存在として開発されました。状況が目まぐるしく変化する実際の現場では、まずは味方部隊の確実な掌握と指揮が求められます。

いくら多数の戦車や装甲車、歩兵を揃えても的確な指揮ができなければただの「烏合の衆」です。したがって、現場レベルの指揮官にとって通信機能は何よりも大事であり、指揮通信車はそれを反映した装備と言えます。

現場指揮官の必須車両(出典:陸上自衛隊)

車内は決して広いわけではありませんが、一段高くなっている後部には指揮・通信室があり、各種無線や地図用ボード、折りたたみテーブルが設置されています。車内とはいえ、立ったまま作業ができるこのスペースでは、最大6名の人員が現場での指揮及び通信を行います。

また、装甲車である本車は水深1m程度の渡河能力と機関銃による最低限の自衛火力を有しますが、直接的な戦闘参加は想定されていません。あくまで最前線から少し離れたところで味方を指揮するための車両なのです。

時代の変化についていけない?

通信機能に特化した82式指揮通信車は、計231両が調達され、全国の各連隊本部に配備されてきいました。ゴジラシリーズなどの映画でもよく登場して前線で指揮する姿が描かれており、今でも現役の車両です。しかし、開発時とは比べものにならないほどの情報化社会となった現在では膨大な情報を処理する容量と能力が不足しており、旧式化が否めません。

特に、最新の10式戦車のように情報共有を前提とする装備への対応が十分できておらず、得意であるはずの通信機能面で限界が露呈しています。本車が開発された頃は、携帯電話やパソコンすら黎明期であり、無線による交信が主流であったことを考えると当然の結果とも言えます。

それだけこの30〜40年で情報量が爆発的に急増したわけですが、さすがに本車の改修のみでは無理があるため、後継として通信機能を強化した装輪戦闘車両が検討されています。ただ、具体的な計画は出ていないため、82式指揮通信車の姿は今後もしばらくは見られるでしょう。

1 ・・・次のページ

コメント

タイトルとURLをコピーしました