宇宙作戦隊って何するの?

宇宙

宇宙での最大脅威は「ゴミ」

人類が初の人工衛星を打ち上げて宇宙空間を利用し始めて60年以上が経過しましたが、その利用価値は年々増すばかり。特に通信や測位、観測における宇宙空間の利用は、我々の日常生活に直結するのはもちろんのこと、軍事的優勢を決める要因ともなります。第二次世界大戦で制空権が勝敗を分けたように今や「宇宙を含む空を制する者」が勝者となるのです。

そのため、各国は競い合うようにより高性能な人工衛星を打ち上げてきましたが、現在問題となっているのはその衛星を攻撃や事故からどう守るかです。例えば、中国やロシアは対衛星ミサイルの実験を行なっており、他の人工衛星を攻撃して無力化させる「キラー衛星」の存在も取りざたされています。

また、今まで人類が打ち上げてきた人工衛星の数は膨大であり、用済みの衛星とその部品が大量に地球周辺を浮遊している状況です。「スペース・デブリ」と呼ばれるこれら宇宙ゴミは1cm以上の物だけで70万個以上も存在し、秒速8kmで周回することから人工衛星や宇宙ステーションを破損させるのに十分です。

宇宙作戦隊とその主な任務

このように衛星を他国からの攻撃、そして膨大な数の宇宙ゴミから守るには宇宙空間を常時監視する「宇宙状況監視(SSA)」と呼ばれる体制が求められます。そこで航空自衛隊はこのSSAを担う専門部隊として「宇宙作戦隊」を2020年5月に発足させました。

宇宙作戦隊と聞くとガンダムやスターウォーズのような宇宙空間での戦闘を連想する方も多いでしょうが、この部隊の任務はあくまで「監視」。不審な衛星の動向や宇宙ゴミが衝突しないように24時間体制で見張るのが宇宙作戦隊の仕事であり、人数も現時点で30人ほどの小所帯な部隊です。

宇宙状況監視のイメージ(出典:防衛省)

同部隊は東京・府中基地に拠点を置いていますが、山口県の防府北基地に監視レーダーを設置した上で「第2宇宙作戦隊」を新設することが2021年11月に決まりました。これに伴い、府中にある従来の宇宙作戦隊は「第1宇宙作戦隊」となり、両者は合わせて「宇宙作戦群」に格上げされる予定です。人数も現在の30人程度から120人規模になる見通しであり、2023年に監視レーダーと衛星を使ったSSA体制の完成を目指します。

ただ、宇宙の監視は空自だけでは不可能なので、宇宙分野で経験豊富なJAXAや研究や運用能力でかなり先行しているアメリカ宇宙軍との協力が必要不可欠と言えます。したがって、隊員をJAXAに出向させたり、JAXAとアメリカ宇宙軍との情報共有システムを作る予定ですが、アメリカ宇宙軍も2019年に独立したばかりで編成中であることから本格的な日米連携はまだ先となるでしょう。

発足した宇宙作戦隊とそのシンボルマーク(出典:航空自衛隊)

ここまで読んでぜひ宇宙作戦隊に入りたいと思う方もいると思います。現在は100人体制を目指している小規模な部隊ですが、宇宙の重要性が増すばかりの未来を考えた場合、同部隊は今後は拡大一方でしょう。いずれは「四つ目の自衛隊」として独立組織になる可能性も大いにありますし、宇宙分野に精通した人材は官民問わず引く手数多です。

では、宇宙作戦隊に入るにはどうしたらいいのか?

まずは、航空自衛隊に入隊して配属希望を出すこと。自衛隊にも色んな職種がありますが、宇宙作戦隊の発足を受けて新たに「宇宙」職種も誕生しました。この宇宙職種を目指すのが手っ取り早いと思いますが、狭き門には違いありません。そのため、レーダーを操る「兵器管制」「情報」の職種を目指すのもいいでしょう。

また、宇宙作戦隊は米軍との連携を前提としており、宇宙分野そのものを担当するには「英語」は絶対必要です。したがって、高い英語力を保持していることも条件の一つと言えます。いずれにせよ、まだまだ発足したばかりの組織であり、拡張する未来しかないため、狭き門も徐々にオープンになっていくと思われます。

関連記事:アメリカ宇宙軍のお仕事とは?

1 ・・・次のページ

コメント

タイトルとURLをコピーしました