深海の救世主!潜水艦救難艦とは

海上自衛隊
スポンサーリンク

極めて難しい深海のレスキュー任務

「海の忍者」と称される潜水艦は優れた隠密性を使った奇襲攻撃ができる一方、海中というと特殊な環境下で活動することから軽微な事故でさえ「死」に直結しやすく、その際に海面まで浮上できなければ生存率は一気に下がってしまいます。とはいえ、浮上できない潜水艦を救う手立てはある程度確立されており、それを用いて実際に救出活動を行うのが「潜水艦救難艦」と呼ばれる船です。

⚪︎基本性能:「ちはや型」「ちよだ型」潜水艦救難艦

ちはや型ちよだ型
排水量5,450t (基準)5,600t (基準)
全 長128m128m
全 幅20m20m
乗 員125名約120名
速 力21ノット
(時速38.9km)
20ノット
(時速37km)
航続距離最大6,000海里
(約11,110km)
6,000海里以上
装 備深海救難艇×1
無人潜水装置×1
深海救難艇×1
無人潜水装置×1
価 格約500億円約508億円

黎明期から潜水艦救難艦の重要性を理解していた海上自衛隊は、初代「ちはや」を皮切りに「ふしみ」、初代「ちよだ」と順次建造してきた歴史を持ち、現在はそれぞれ2代目の「ちはや」「ちよだ」が第1潜水隊群(呉)と第2潜水隊群(横須賀)に配備中です。

これら2隻の救難艦が誇る特殊装備としては、発見した潜水艦のハッチに直接取り付いて乗組員を救い出す深海救難艇(DSRV)があげられますが、この小型潜水艇は「水圧地獄」の深海においても優れた耐圧性を発揮することで海自潜水艦を超える最大2,000mの潜航可能深度を有します。

この性能のおかげでDSRVは水圧に潰される心配をせずに潜水艦まで到達できる反面、全長15mほどの潜水艇が一度に運べる人数は約10名が限界で、母艦との往復にも約5時間かかる点を考えると、約70名の潜水艦乗組員を全員救助するにはかなりの時間を要します。ただし、あとで登場した「ちよだ」のDSRVは運動性や耐圧性で「ちはや」のものより少し優れており、定員も12名から16名に増えたので救助時間の短縮が期待できます。

通常2名の操縦士が乗り込むDSRVはソナーやサーチライト、カメラを使いながら暗い深海での捜索を行い、障害物を取り除くアームも備えているものの、動力源に蓄電池を用いることから活動時間と捜索範囲は限られます。そこで、酸素が減っていく救助待ちの潜水艦を早急に見つけるためにも、長時間駆動が可能な無人潜水装置と組み合わせるケースが多いようです。また、こうした海底を捜索する特殊装備は、潜水艦の救出以外にも事故などで洋上に墜落した航空機を発見する際に用いられてきました。

救助の切り札DSRV(左)と内部の様子(右)(出典:海上自衛隊)

発見後、DSRVによって深海から救出された乗組員は急激な水圧差によって「潜水病」に陥りやすく、このことを想定して2隻の救難艦には減圧室と手術室が完備されています。ちなみに、初代「ちよだ」は潜水艦に対する補給や乗員の休養を目的とした母艦機能が付与されていましたが、現在運用中の2隻はこの機能を廃止して、代わりにこのような医療能力を強化しました。

世界的に珍しい単独での潜水艦救難体制

さて、世界で潜水艦を運用している国は多数ありますが、高価な潜水艦救難艦とDSRVを持つ国は意外に少なく、欧米諸国はNATO内での共同システムを作り、以前は潜水艦救難艦を保有してアメリカも今はDSRVのみを別の潜水艦に乗せる方式を採用しました。これに対して、日本は単独で潜水艦救難艦と120億超えのDSRVを2隻ずつ運用している珍しい国で、海洋国家にふさわしい優れた救難体制を確立しています。

海中を職場とする潜水艦乗りは水上艦の乗組員と比べていざという時の生存率が低く、だからこそ本艦を中心とする救難体制の存在は乗組員の士気や安心感に直結するといえます。仮に絶望的な状況にあったとしても「助けに来てくれる」態勢が普段から整っていれば、微かな希望を抱くことができ、こうした心理的影響は非常時においては生死すら分け得るのです。

1 ・・・次のページ

コメント

タイトルとURLをコピーしました