深海の救世主!日本の潜水艦救難艦とDSRVが誇る深度

自衛隊の潜水艦救難艦 自衛隊
この記事は約3分で読めます。

難しい深海での救出作業

海中にいる潜水艦はわずかな事故でさえ「死」に直結しやすく、海面に浮上できなければ生存率は一気に下がります。

こうした浮上できない潜水艦に対する救難手段は、ある程度は確立されており、出番となるのが「潜水艦救難艦」という特殊な船です。

  • 基本性能:「ちはや型」「ちよだ型」潜水艦救難艦
  ちはや型 ちよだ型
排水量 5,450t (基準) 5,600t(基準)
全 長 128m
全 幅 20m
乗 員 125名 120名
速 力 20ノット (時速37km)
航続距離 6,000海里 (約11,110km)
装 備 深海救難艇×1、無人潜水装置×1
建造費 約500億円

早くから潜水艦救難艦の重要性を理解していた海上自衛隊では、初代「ちはや」を始めとして「ふしみ」「ちよだ」などを運用してきました。そして、現在はそれぞれ2代目の「ちはや」「ちよだ」が第1潜水隊群(呉)と第2潜水隊群(横須賀)に配備中です。

これら救難艦が誇る特殊装備として、潜水艦のハッチに直接取りついて乗組員を救い出す「深海救難艇(DSRV)」があります。水圧地獄の深海で活動するために、この小型潜水艇の潜航可能深度は海自潜水艦を超える最大2,000mといわれています。

海上自衛隊の深海潜水艇「ちよだ」のDSRV(筆者撮影)

この耐圧性能のおかげで深く沈んだ潜水艦まで到達できるものの、全長15mほどの潜水艇が一度に運べるのは10名ほどです。母艦である救難艦との往復に約5時間かかることを考えると、約70名の潜水艦乗組員を救うには相当な時間がかかります。

ただ、あとから登場した「ちよだ」のDSRVでは、運動性と耐圧性が強化されたほか、その定員も12名から16名に増えました。

DSRVには通常2名の操縦士が乗り込み、探知ソナーやサーチライト、カメラなどを使いながら暗い深海を探しますが、外部には障害物を取り除くアームも付けられました。

その一方、蓄電池に頼っている関係から、その活動時間と捜索範囲は限られます。

自衛隊の救難潜水艇の解説図DSRVの説明図(筆者撮影)

こうした状況のなか、酸素が減りゆく潜水艦を早く見つけるべく、長時間駆動できる無人潜水装置と組み合わせるケースが多いです。また、これら特殊装備は海底捜索ができることから、墜落した航空機を探すのにも使われてきました。

無人潜水艇によって救い出された乗組員は、急激な水圧差によって生じる「潜水病」に陥りやすく、これを想定して潜水艦救難艦には減圧室と手術室が完備されています。

ちなみに、初代「ちよだ」は潜水艦への補給や乗組員の休養を目的とした設備もありましたが、この母艦機能はいま使われている2隻ではなくなり、代わりに医療能力が強化されました。

世界的にも珍しい独自能力

さて、潜水艦を運用する国は多けれども、高価な潜水艦救難艦とDSRVをセットで持てる国は少なく、日本は世界的にも珍しい救難体制を確立しています。

例えば、欧米各国はNATO内で共同システムを作り、かつては救難艦を保有していたアメリカも、いまはDSRVのみを別の潜水艦に乗せて救出に向かわせる方式に転換しました。

すなわち、日本は単独で潜水艦救難艦と120億超えのDSRVをそれぞれ2隻も保有している珍しい国ですが、これは味方を見捨てないという決心の表れでもあります。

海中で活動する潜水艦は事故や被弾時の生存率が低く、救難体制の確立は乗組員の士気や安心感に直結するものです。

たとえ絶望的な状況であっても、「助けに来てくれる」体制さえ整っていれば、微かな希望を見出せます。そして、こうした心理的影響が非常時では生死を分け得るのです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました