戦車殺し?ジャベリン・ミサイルの威力

アメリカ軍

確実に戦車を倒す歩兵の「切り札」

陸の王者とも称される戦車は戦場では無敵のイメージがあり、特に歩兵にとっては恐怖の対象になります。しかし、兵器の進化とともに、歩兵も戦車に十分対抗できる火力を持つようになり、その最たる例が「対戦車ミサイル」ですが、数ある対戦車ミサイルの中で特に優れた性能を有し、絶大な戦果を挙げているのがアメリカが開発した「ジャベリン」です。

⚪︎基本性能:FGM-148 ジャベリン

全 長1.1m
直 径127mm
重 量22.3kg
弾 頭8.4kg (成形炸薬弾)
速 度最高:秒速300m
射 程2,500m
価 格1発あたり約2,000万円
(装置などは6,000万円)

ジャベリンは冷戦期にソ連製戦車を想定して開発されたアメリカ軍の対戦車ミサイルであり、戦車のような装甲車両のみならず、建物からヘリに対してまで使える汎用性の高い兵器になっています。1996年の配備開始以来、現在に至るまで4万発以上が生産され、アメリカのみならずオーストラリアや台湾などにも輸出された実績を持ちます。

ジャベリンはミサイル本体以外に、暗視装置を含む発射指揮装置(CLU)と使い捨ての発射筒(LTA)で構成されており、総重量は22.3kgにも上ります。これを歩兵が担ぐわけですが、この重さが迅速な展開を行う際の難点と言えます。最低1名でも運用可能ですが、通常は射手に加えて、周囲への警戒も担当する弾薬手の2名体制をとるそうです。

ジャベリンの構成(出典:アメリカ軍、筆者加工)

大きな特徴として「撃ちっ放し」能力が挙げられますが、これは事前にロックインして入力された情報に従って飛翔し、赤外線画像を使って自ら目標を追尾して攻撃します。こうした自動的に目標をシステムを持つジャベリンの命中率は94%とも言われており、現存する対戦車火器としては世界最高峰の性能と評しても過言ではありません。

また、この自律誘導能力のおかげで撃った側はすぐに退避することができ、発射した際の後ろへの爆炎(バックブラスト)も抑制されているので従来よりも敵に見つかりにくい上、室内からも撃てるようになりました。

攻撃の際は、普通に直撃させるダイレクト・アタックとあえて上から狙うトップ・アタックの2つのモードを選択可能です。前者は建物や陣地への攻撃の際に使われ、飛翔高度は50m程度と低くなっています。一方、トップ・アタックモードは最大で160mほどの高度で飛翔し、戦車で脆弱と言われる上部を狙い撃ちにします。

ジャベリンの射程は飛翔高度によって異なり、ダイレクトアタックだと500mほどですが、トップ・アタックだと最大2,500mまで伸びます。この射程で撃たれた戦車側は発射地点を特定して反撃することがほぼ出来ず、上から襲ってくるミサイルに対する回避と防御も困難です。

発射されるジャベリン・ミサイル(出典:アメリカ軍)

また、弾頭については対戦車榴弾(HEAT)である成形炸薬弾を使っており、起爆時に流体化した金属が破壊力を増大させて装甲を貫きやすくなっています。ただ、ジャベリンが主に想定する敵であるロシア製戦車には、被弾時にわざと爆発を起こして成形炸薬弾の威力を減殺する爆発反応装甲がよく用いられています。

そこで、ジャベリンは炸薬を前後に分散配置することで、最初の弾頭が爆発反応装甲の効果を吸収・無力化し、後ろのメイン炸薬で本来のダメージを与える対抗策を採用しました。これによって確実に敵戦車を撃破することができますが、爆発反応装甲を有していない場合は二重のダメージを相手にもたらします。

このように歩兵側の露出を抑えつつ、確実な撃破が狙えるジャベリンですが、欠点がない訳ではありません。先に述べた重量に加えて、よく問題として取り上げられるのがコストです。

価格については、ミサイル本体だけで2,000万円とされていますが、最新の調達予算で試算すると1発あたり3,600万円以上という数字が出ています。いずれにせよ、歩兵が扱う火器としては非常に高価ですが、それと引き換えに1両あたり数億円は下らない戦車の確実な撃破を期待できるので、良好な費用対効果と十分な価値が認められるでしょう。

実戦で大きな戦果を挙げた「聖ジャベリン」

さて、高い威力と命中率を誇るジャベリンですが、初実戦は2003年のイラク戦争であり、イラク軍が使っていたソ連製戦車の撃破に寄与しました。その後もアフガニスタン戦争で対テロ戦闘で頻繁に使用されますが、ここでもタリバンの陣地や建物に対して大きな破壊力の真価を発揮したそうです。

でも、ジャベリンの名前が一躍有名となったのが2022年2月下旬に始まったロシアのウクライナ侵略戦争での戦歴でしょう。

ウクライナ側を圧倒する戦車と兵数で侵攻したロシア軍に対して、アメリカは大量のジャベリンを供与しました。その結果、ウクライナ軍はジャベリンを使いまくってロシア軍の戦車や装甲車両を次々と撃破し、ロシア側の目論見を大いに狂わせます。

むろん、ロシア側も手をこまねいているわけではなく、トップ・アタックに対する防御策として戦車の上部に鉄製のケージをつけたりしていますが、次々と破壊されているところを見るとあまり効果はないようです。そもそも、ジャベリンはロシア戦車を想定して作られ、前述のように爆発反応装甲も無効化できるので、「対ロシア」には適した兵器でしょう。

さらに、ロシア戦車は砲塔直下に弾薬庫があるため、トップアタックで上から直撃されたらそのまま弾薬庫に引火して文字通り戦車が吹っ飛ぶ可能性が非常に高いのです。そのため、ウクライナでの戦闘では、砲塔ごと吹き飛ばれたロシア軍の戦車がよく見られますが、ジャベリンはロシア戦車を倒すために生まれてきたような兵器であり、ウクライナ側にとってはまさに「救世主」と言えます。ウクライナが感謝と親しみを込めて「聖ジャベリン」と呼ぶのも頷けますね。

改めて世界最高峰の性能を証明しつつあるジャベリン(出典:アメリカ軍)

一体どれぐらいのジャベリンが使用され、どれほどの戦果を挙げたのかについては、現時点で詳細は不明ですが、戦車だけで200両以上を撃破し、命中率は90%超えと言われています。ジャベリンの本来の性能を考えれば、決して不思議な数字ではありませんが、ウクライナ側は戦車以外の車両に対してもジャベリンを惜しみなく使用しているので、ロシア軍全体の損失のうちジャベリンによるものがかなりの割合を占めそうです。

本戦争におけるジャベリンの戦果及び効果を正確に把握するには時間がかかるため、正式な評価を下すのはまだ早いですが、現時点でもロシア軍戦車に対して想定通り、もしくはそれ以上の猛威を振るっていると言えるでしょう。「戦車不要論」すら散見される威力を発揮しているわけですが、改めてジャベリンが世界最高峰の対戦車ミサイルであることを全世界に示しました。

では、ジャベリンを日本の自衛隊が導入する可能性はあるのでしょうか?

今回のウクライナでの戦争は陸上自衛隊にとっても他人事ではなく、多くの教訓を授けてくれるでしょう。ただ、陸上自衛隊は「和製ジャベリン」とも呼ばれる類似の対戦車ミサイル「01式軽対戦車誘導弾(LMAT)」を1,000基以上を配備しており、カール・グスタフ無反動砲やパンツァーファウスト3も装備しています。

その他にも車両搭載型の対戦車ミサイルを複数運用しており、意外と対戦車火力は充実しているのです。したがって、わざわざジャベリンを購入する理由がなく、むしろLMATの改良と増産に努めた方が合理的でしょう。今回の戦争では対戦車火力の重要性が改めて証明されたため、自衛隊も個人携行型火器の充実により一層注力すると思われます。

⚪︎関連記事:01式軽対戦車誘導弾LMATとは?

1 ・・・次のページ

コメント

タイトルとURLをコピーしました