孤高の仏空母、シャルル・ド・ゴール

外国

フランスの貴重な打撃力として

現代における海軍力の象徴と言えば「航空母艦(空母)」ですが、特に強大とされるのが圧倒的発電力と長大な航続距離を誇る原子力空母です。この分野は、アメリカが独占しているイメージが強く、その他の国々はイギリスのクイーン・エリザベス級のように通常動力型が多いと言えます。

しかし、実はアメリカ以外で原子力空母を運用している国があります。

それが欧州のフランスであり、現在は同国唯一の空母「シャルル・ド・ゴール」を運用中です。フランスはあまり海軍のイメージがありませんが、本国から遠く離れたインド洋及び太平洋にも領土を有しており、海軍力はイギリスに次ぐ世界6位と言われています。

⚪︎基本性能:空母シャルル・ド・ゴール

排水量37,680t (基準)
42,000t (満載)
全 長261.5m
全 幅64.4m
乗 員1,942名
(航空要員542名)
速 力27ノット
(時速50km)
兵 装・20mm機関砲×8
・垂直ミサイル発射基×32
・6連装対空ミサイル発射機×2
艦載機・戦闘機×30機
・早期警戒機×2〜3機
・輸送ヘリ×2機
・救難ヘリ×2機
その他・輸送能力
上陸部隊800人

・医療設備
手術室×2
病床×50(最大)
価 格約3,500億円

第二次世界大戦後、他国同様に空母の導入を進めたフランスは、国産のクレマンソー級2隻を長く使っていましたが、老朽化した2隻は21世紀を迎える前に退役し、代わりに2隻の原子力空母が建造されることになりました。それが空母「シャルル・ド・ゴール」ですが、予算難によって結局1隻のみの建造に終わりました。

2001年に就役した空母「シャルル・ド・ゴール」はフランス初の原子力空母であり、今でもアメリカ以外で唯一就役している原子力空母です。同空母は米海軍の空母と同じように、原子炉が生み出すエネルギーを活用した蒸気カタパルトを装備しているため、スキージャンプ方式の空母よりも航空機の運用で有利と言われています。

フランスの打撃力を支える「シャルル・ド・ゴール」(出典:フランス海軍)

肝心の艦載機については作戦によって構成の細部は変わるものの、国産のラファール戦闘機を中心に約40機前後を運用可能です。これは米空母と比べると半分程度ですが、そもそも戦闘機とそれを支援する早期警戒機や各種ヘリを一通り運用できる能力を持つ国は珍しいので、コンパクトながら敵に打撃を与える力を有していると言えます。

実際、9.11同時多発テロ後のアフガニスタン空爆や2015年のイスラム国に対する空爆では空母としての打撃力を十分発揮しており、イギリスとともにアメリカ軍を補完する貴重な同盟戦力になっています。

つまり、「シャルル・ド・ゴール」は戦力的には米空母には劣るものの、中小国やまともな防空能力を持たない過激派組織に対しては十分な威嚇と打撃を与えられる上、同盟に対するフランスの直接的な貢献を担う存在なのです。

米空母にはない「核兵器運用能力」

「シャルル・ド・ゴール」は米空母よりコンパクトですが、それは単に米空母の小型版というわけではなく、独自の装備及び能力を多数持っています。例えば、防御力については米空母よりも充実しており、8基もの対空火器に加えて垂直ミサイル発射基(VLS)を32セルも備えています。これは駆逐艦並みのセル数であり、通常は最低限の自衛能力しか持たない空母としては珍しいでしょう。

また、最大の相違点として挙げられるのが「核兵器運用能力」の有無です。

先ほど、「シャルル・ド・ゴール」の艦載機はラファール戦闘機が中心と説明しましたが、この戦闘機は射程600km以上の核弾頭型巡航ミサイル「ASMP-A」を搭載することができます。米海軍の空母も冷戦中は艦載機に核兵器を搭載できる体制を取っていましたが、現在は廃止しているため、核運用能力を持つ空母はフランスの「シャルル・ド・ゴール」だけなのです。

ワンオペ体制だが、フランスの軍事的象徴

さて、コンパクトながら十分な打撃力を持つ「シャルル・ド・ゴール」ですが、同空母は大国・フランスの力を示す「象徴」としての役割も担います。フランスを救った英雄の名前を冠した「シャルル・ド・ゴール」は、同国唯一の空母であるがゆえに軍事面におけるフランス代表になったと言えるでしょう。

したがって、フランスが虎の子の同空母を派遣するということは裏に相当な覚悟があることを意味し、分かりやすいプレゼンスを通じて敵に対する威嚇と味方への連帯表明を行えるのです。特に、アフリカを中心に多くの植民地を持っていたフランスは今でも旧宗主国として頼られている面が多分にあり、実際の国力以上に関与せざるを得ない事情が存在します。

また、海外領土を多く持つフランスは世界トップクラスの排他的経済水域( EEZ)を有しており、これらを守る必要があります。そのため、海軍力の整備はもちろんのこと、定期的にプレゼンスを示して潜在的敵国に対する抑止と海外領土に住む国民への安心供与が求められるのです。そこで、切り札とも言える「シャルル・ド・ゴール」を投入することで大きな心理的効果を期待できます。

フランスの力を象徴する存在だが、厳しいワンオペ体制(出典:フランス海軍)

1隻のみ建造で終わったがゆえに軍事的な象徴と誇りになった「シャルル・ド・ゴール」ですが、軍艦というのは本来ローテーションでの運用を前提とするため、最低2隻(通常は3隻)体制になります。しかし、フランスの場合はいわゆる「ワンオペ体制」であり、メンテナンス中などは同国唯一の空母戦力が不在という事態に陥るのです。

以前、改修で同空母が使えなかった時に苦肉の策として艦載機の訓練を米海軍の空母で実施したことがありますが、これは異例なケースであれど、抜本的な解決策にはなりません。結局、2隻目が建造されない限りは現状のワンオペ体制は変わりませんが、「シャルル・ド・ゴール」自体が2030年代後半に引退する予定であるため、最後まで現体制を貫くようです。

後継もワンオペの原子力空母?

では、肝心の後継艦はどうなるのか?

2020年末に発表された計画では、次期空母は「シャルル・ド・ゴール」と同じ原子力機関を搭載するものの、全長は300m、満載排水量75,000t超えとかなり大型化する予定です。さらに、カタパルトも現在の蒸気式ではなく、米海軍の最新鋭空母「ジェラルド・R・フォード」と同じ電磁式に変更されます。ただ、艦載機についてはラファールよりも大きい新型戦闘機を搭載するため、搭載機数はあまり変わらないそうです。

次期空母のイメージ図(出典:フランス海軍)

そして、この次期空母も今のところ1隻のみが建造される予定であるため、「シャルル・ド・ゴール」と同じワンオペ体制を後継艦でも続けることが確実となりました。既に述べたように、フランスにとっての空母はプレゼンスを示す「象徴」の意味合いが強いので、財政的余裕と照らし合わせても1隻の建造でよいと判断したのでしょう。

次期空母は2025年から建造が開始され、2038年に就役する予定ですが、「シャルル・ド・ゴール」が正式就役まで様々なトラブルを経験したことを踏まえると計画通りに進むかは分かりません。空母建造に関しては、フランスは一応ノウハウがあるものの、大型空母を継続的かつ安定的に量産できる国はアメリカぐらいなので、一大国家プロジェクトである次期空母計画も試行錯誤に見舞われる可能性があります。

1 ・・・次のページ

コメント

タイトルとURLをコピーしました