C-130H、世界最高の輸送機?

航空機

必然的にベストセラーとなった名機

現在、人員や物資を空輸するための輸送機が必須装備となっていますが、そんな輸送機で西側諸国を中心にベストセラーとなったのが「C-130」シリーズです。ギリシア神話に出てくる英雄・ヘラクレスを指す「ハーキュリーズ」の愛称で知られる本機は、アメリカ軍が70年前に開発した大型輸送機であり、日本では航空自衛隊と海上自衛隊が運用しています。

⚪︎基本性能:C-130H

全 長29.8m
全 幅40.4m
全 幅11.7m
乗 員4〜6名
速 度最大時速600km
航続距離3,800km (最大搭載時)
積載能力兵員94名
貨物19トン
価 格1機あたり約90億円

C-130H輸送機は太い胴体が特徴的ですが、この胴体が生む大きなスペースを利用することで最大19トンもの貨物を運ぶことができ、それまでの輸送機を凌駕する積載能力を有します。人員であれば94名輸送可能ですが、完全武装した空挺兵士の場合は64名になります。

また、機体の最後部にスロープ付きのカーゴドアが設置されているため、コンテナや車両などの大型貨物をそのまま搭載することができるうえ、同じドアを使って物資や装備の空中投下も行えます。このカーゴドアに加えて、貨物室を含む胴体の床をあえて低く設計することで荷物の搬出入をなるべく楽にする工夫と配慮がされています。

カーゴドア(左、赤丸部分)と物資を満載した機内の様子(出典:陸上自衛隊)

他の特徴として、4発の大型プロペラ・エンジンが挙げられますが、これらが生む強力なパワーと頑丈な着陸装置を使った未舗装の滑走路における離着陸が可能です。さらに、本機に必要な離着陸距離はそれぞれ1,100m、520mと言われており、最前線に建設された簡易飛行場でも十分運用できます。

ちなみに、とある実験では、カタパルトと着艦装置を使わずに空母への離着陸を成功させたそうです。もちろん、これはあくまで実験なので実際には空母での運用はできませんが、C-130の短距離離着陸能力を証明する分かりやすい例でしょう。

この短距離離着陸能力と不整地離着陸能力は、災害時やインフラが整っていない途上国への支援の際にも大いに活用され、世界中に展開するアメリカ軍が本機を長年愛用する主な理由です。砂漠地帯から果ては南極まで多くの人員・物資を運べちゃうC-130がベストセラーになったのはある意味「必然」と言えます。

開発から既に70年も経つにも関わらず、初期設計が非常に優秀だったため、エンジンや電子機器以外はほとんど改良されていません。これは飛行機はもちろんのこと、「装備」としてもかなり珍しく、言い換えれば「手を加える必要がないほど最初から完成されていた」ことになります。

さまざまな派生型と「空飛ぶ悪魔」

登場時から完成されていたとも言えるC-130は現在でも60カ国以上が運用しており、用途と任務の多様化に伴って多くの派生型が生まれました。例えば、特殊部隊用の機体や、洋上監視用、空中給油型、電子戦型などがあります。

そんな派生機の中で最も人気?なのが「ガンシップ型」のAC-130でしょう。これは、20mmバルカン砲や40mm機関砲、そして105mm榴弾砲まで装備した対地攻撃用の機体であり、赤外線やレーザーを使った精密射撃を実施します。なお、元は輸送機なので弾薬は割と豊富に搭載でき、長時間にわたって敵を一方的に攻撃できるそうです。また、左側に座る機長が目視しやすいように武装は全て機体の左側に集められており、射撃時は左旋回しながら飛びます。

鈍重な輸送機を改造して大砲まで積んじゃうのは、制空権を確保できる自信があるアメリカならではの発想ですが、このガンシップはベトナム戦争からイラク戦争までのあらゆる戦争・紛争に投入されました。携帯型の対空ミサイルでは届かず、目視すらできないはるか上空から一方的に銃弾や砲弾を降り注がせるため、敵からは「空飛ぶ悪魔」と恐れられています。

自衛隊でも絶賛運用中のC-130

さて、航空自衛隊はC-130Hを14機、空中給油型のKC-130Hを2機運用しており、通常の輸送任務に加えて、陸上自衛隊の精鋭部隊・第1空挺団の降下訓練及び作戦の際に使われていることでも有名です。特に、最も現実味を帯びている想定有事である島嶼防衛においては、空挺降下が実施される可能性が高く、空自のC-130も必然的に投入されるでしょう。

米空軍のC-130から降下する陸自隊員(出典:アメリカ空軍)

他国同様、自衛隊でもC-130Hは高く評価されており、1984年の導入以来、国内外の各種輸送任務で重宝されてきました。イラク派遣やアフガニスタンでの邦人救出任務の際にも本機が派遣されましたが、多くの国が導入していることから互換性があり、派遣先や経由地での整備の際に融通が利くメリットもあります。

また、珍しい使われ方として、手術を含む医療行為が可能な「機動衛生ユニット」を搭載する任務が挙げられます。これは、小さな病院をそのままコンテナに設置したイメージであり、コンテナごとC-130に載せることでより医療設備の整った病院まで治療しながら長距離移送します。

航空自衛隊のC-130H(出典:航空自衛隊)

航空自衛隊では、新型輸送機として国産のC-2の配備も進めており、スペックだけで比べたらこちらの方がC-130を上回っています。しかし、C-2はC-130よりも高価であり、不具合も多いため、結局は古くても信頼と実績で圧倒的に勝るC-130の方が安定して頼れる機体となっているのが現状です。

そのため、C-2輸送機の調達を中止して、中古のC-130を購入すべしという声が結構あります。いずれにせよ、C-2輸送機はあくまでC-1輸送機の後継機であり、C-130Hを置き換える存在ではないため、 C-130はまだまだ日本の空を飛び続けます。

一方、海上自衛隊もC-130を運用していますが、こちらは「C-130R」という別の派生型になります。元々は空自と同様にC-130Hを導入し、機雷投下用に使う予定でしたが、この構想は実現しませんでした。

そこで、老朽化したYS-11M輸送機の後継として米海兵隊の給油機KC-130Rを6機購入し、空中給油機能を外した「C-130R」として新たに運用することになりました。2011年に購入したこの機体は、製造されたのは1976年と結構古いですが、ほぼ未使用の状態で保存されていたらしく、あと20〜30年は使えるとのこと。ちなみに、自衛隊が中古の飛行機を購入するのはこれが初めてでした。

元は米海兵隊の空中給油機だった海上自衛隊のC-130R(出典:海上自衛隊)

では、海上自衛隊はこれら輸送機を何に使うのか?

ご存知のように海洋国家である日本は広大な海洋面積を誇り、本土から2,000km近くも離れた離島すら存在します。例えば、本州から1,800km離れた最東端の南鳥島や有名な硫黄島にも観測員や自衛官が常駐しており、生活しているわけです。そんな遠方の島々に物資を届けたり、交代要員を運ぶのが海自輸送機の役割となります。したがって、積載能力に優れたC-130Rの導入によって一度に多くの補給物資を運ぶことができ、従来と比べて圧倒的に効率的な輸送任務を実現できたそうです。

C-130の後継機はC-130?

C-130Hがいかに優れた名輸送機であるかは既に見てきましたが、気になるのは後継機の有無です。実は、アメリカ軍は既に最新型として「C-130J-30 スーパー・ハーキュリーズ」を運用しており、事実上の後継機として扱われています。

最新型のC-130J「スーパー・ハーキュリーズ」(出典:アメリカ空軍)

既述のように基本設計が完璧とも言える完成度であったため、大きな改良点はありませんが、以下のような進化を遂げました。

・出力が増した新型エンジンの搭載
・積載能力が19トンから20トンへ増大
・最高速度を660kmへ増大
・航続距離を5,000kmへ延伸
・コックピットにディスプレイを設置
・自動化による省人化(3名のみで運用可能)
・空中投下能力の強化

元の設計が優秀なので、少しの改良でまだまだ十分使えるわけですが、日本の自衛隊もいずれC-130Hの後継としてC-130Jを導入すると思われます。現状、C-130J以外にC-130Hを置き換えるような性能とコスパを有する輸送機は見当たらず、今後も登場するとは考えづらいからです。したがって、当面の間はC-130シリーズがベストセラーの座を維持し続けるでしょう。

⚪︎関連記事:大丈夫か?空自の最新輸送機C-2

1 ・・・次のページ

コメント

タイトルとURLをコピーしました