空の槍騎兵?B-1爆撃機とは

アメリカ軍

紆余曲折を経て誕生した「つなぎ」役

アメリカ軍の爆撃機といえば、100年選手のB-52や世界一高価な飛行機と言われるB-2スピリッツが有名ですが、滑らかな外見と「槍騎兵」を意味する名を持つB-1ランサーも忘れてはなりません。

⚪︎基本性能:B-1Bランサー爆撃機

全 長44.81m
全 幅41.67m
全 高10.36m
乗 員4名
速 度時速1,543km
(マッハ1.25)
航続距離11,978km
上昇限度18,000m
兵 装最大56t
(機内は34t)
価 格1機あたり約450億円

核戦争が想定された冷戦期は敵国への核攻撃を担う戦略爆撃機の開発が米ソ両国で進められた時代でもありました。そんな中、レーダーに探知されにくい低空から超音速で侵入し、核爆弾を投下する爆撃機としてB-1が開発されます。

しかし、試作機のB-1Aが登場した1970年代には核攻撃の主役は完全に弾道ミサイルに移っており、密かにB-2ステルス爆撃機の開発も進められていたことからソ連防空網の餌食になるとされたB-1は開発中止に追い込まれました。

その後、軍拡を進めるレーガン政権が誕生すると、B-1は退役する予定のB-52と開発待ちのB-2の「つなぎ」として復活します。この際、B-1には核攻撃以外のマルチな任務も求められ、開発が一旦中止されたB-1と区別するために「B-1B」と呼ばれます。

B-1Bランサー爆撃機(出典:アメリカ空軍)

では、B-1AとB-1Bの違いは何なのか?

まず、緊急脱出の方法がB-1Aではコックピットごと分離するタイプだったのに対して、B-1Bでは他の航空機と同様に各シートが射出するタイプに変更されました。また、エンジンに空気を取り込む部分を固定式にすることでステルス性を向上させたものの、最高速度はマッハ2.0からマッハ1.25に下がりました。

ここで改めて注意したいのは、B-1Aはあくまで4機の試作機で終わったため、現在配備されているB-1爆撃機は全てB-1Bになります。

また、余談ですが、B-1に対抗して開発されたソ連のTu-160ブラックジャックは外見的にかなりB-1に酷似しており、「ほぼパクリ」と言われるレベルです。面白いことに、黒い塗装のB-1は芝ひば「死の白鳥」と呼ばれることがありますが、これはB-1とは真逆の白い塗装を施したTu-160と混同したことが原因と思われます。

核兵器を搭載できない戦略爆撃機

さて、黒いのに「死の白鳥」と呼ばれるB-1B爆撃機ですが、最大の特徴は飛行中に翼の形を変化させることができる「可変翼機」であることでしょう。これは離着陸時と飛行時で翼の形を変えることで空気抵抗を小さくする狙いがありますが、その分機体の構造は複雑となり、重量とコストも増大するので近年は採用されていません。

元々敵国への侵入を前提として開発されたB-1ランサーは、敵の防空網に対抗するための電子戦能力を重視しており、電子妨害及び電子攻撃装置などを搭載しています。そして、チャフ及びフレアに加えて曳航式の囮も装備することで自衛能力を高めました。

ただ、登場後まもなくして冷戦が終結したことから核軍縮の対象となり、1994年には本来の核攻撃任務から外されて、核兵器をそもそも搭載できないように改修されました。このように、B-1Bは当初の前提とは異なり、あくまで通常爆撃のみを行う機体として運用されることになり、現在配備中の全機も核搭載能力はありません。

時代の流れに沿って核搭載能力をなくしたB-1爆撃機(出典:アメリカ空軍)

通常爆撃に従事することになったB-1Bですが、誘導・無誘導の各種爆弾から巡航ミサイル、機雷に至るまでの幅広い兵器を任務に合わせて運用でき、例えば無誘導の500lb(227kg)爆弾ならば最大84発も搭載可能です。また、「JASSM」のような最新の長距離対地ミサイルにも対応しており、老兵を通り越したB-52や高すぎるB-2と比べても使い勝手は悪くないそうです。

核攻撃能力はないものの、多種多様な兵器を搭載できるB-1爆撃機の存在はある意味「恐怖」の対象であり、牽制目的としてアジア太平洋でもグアムに前方配備されています。ここに展開したB-1は主に対中国、対北朝鮮を見据えたものであり、特に朝鮮半島付近を飛行して北朝鮮に睨みを効かせる役割を演じています。

一方、実戦ではアフガニスタンやイラクでの戦争、対イスラム国の作戦などに投入されて文字通り爆弾の雨を降らせたわけですが、これら中東での諸作戦で機体の消耗も進んだことからアメリカ空軍は現在の60機体制から45機体制に削減することになりました。そして、これら45機も将来的には次期ステルス爆撃機である「B-21レイダー」によって置き換えられる見込みです。

1 ・・・次のページ

コメント

タイトルとURLをコピーしました