なぜ現役?73式装甲車

車両・火砲

前線まで隊員を運んで帰るタクシー

事実上の陸軍である陸上自衛隊には多くの装甲車両が配備されていますが、その中で大ベテランの74式戦車と同様の「老兵」と言えるのが73式装甲車です。この車両は文字通りおよそ半世紀前の1973年に採用された装甲車であり、北海道と九州の部隊では未だに現役を続けています。

⚪︎基本性能:73式装甲車

全 長5.8m
全 幅2.9m
全 高2.21m
重 量13.3t
乗 員4名+8名
速 度時速60km
行動距離300km
兵 装12.7mm機関銃×1
7.62mm機関銃×1
3連装煙幕発射弾×1
価 格1両あたり約1億円

73式装甲車は、戦後初の国産装甲車である60式装甲車の後継として開発され、合計338両が生産されました。開発にあたっては、小松製作所と三菱重工業がそれぞれ試作車両を作りますが、技術試験で評価した結果、後者を採用することになりました。

本車は同時期に登場した74式戦車とチームを組むことを想定して作られたため、同戦車に随伴できる速度が付与されており、河川を時速6kmで進む浮上航行能力もあります。ただ、浮上航行には30分以上の準備時間を要する上、実際には沈んでしまうケースが多発しており、実用性はほとんどないそうです。

いわゆるカタログ・スペックの類ですが、開発当時と比べると今は橋梁を含むインフラの普及と河川整備がかなり進んでおり、陸自も多くの架橋装備を配備しているため、浮上航行能力の必要性は薄れています。他にも、車内から小銃を突き出して射撃するガンポートが左右に設置されていますが、実際の戦闘で使うかは微妙でしょう。

横から見た73式装甲車、赤丸がガンポート(出典:陸上自衛隊、筆者加工)

73式装甲車は操縦や機関銃を担当する4名に加えて、車体後部に1個班に相当する8名を乗せることができます。この8名は兵員室で向かい合わせに座って輸送されるわけですが、古い装備なので当然エアコンは付いておらず、乗り心地は決して良いとは言えません。

気になる防御力についてですが、本車はアルミニウム合金で出来ているため、見た目の割には軽量である一方、防弾性能はそこまで期待できません。もちろん、小銃弾程度ならば防げますが、機関銃弾以上のものになると心許ないです。しかし、古い割には核(放射能)・生物・化学のいわゆるNBC兵器に対する一定の防護力を持っており、決して侮れない車両ではあります。

そもそも、本車は戦場まで兵員を運ぶ「タクシー」の役割を担っており、直接戦闘に参加することは想定していません。そのため、自衛用の火力と一定の防御力さえあれば良いとい割り切った思想に基づいて作られており、重武装と厚い装甲で鈍重になるよりは軽快さによって任務を素早く遂行することを選んだといえます。

半世紀前の老兵が現役のわけ

では、なぜ旧式の73式装甲車が未だに現役なのか?

実は本来の役割である「装甲人員輸送車」としてはもう期待されていません。ただ、悪路に強いキャタピラ式の車両として時速60kmを出せる点は今でも一定の価値があるのです。

装甲人員輸送車という点では、後継の96式装輪装甲車に軍配が上がりますが、装輪式はどうしてもキャタピラ式よりも不整地突破能力で劣ります。したがって、非舗装の不整地で戦車にしっかり随伴できる73式装甲車は「保険」として持っておくのもアリなのです。広大な不整地を持つ北海道を担当し、陸自唯一の機甲師団である第7師団で本車が現役なのもこうした理由があるからでしょう。

また、装輪式の82式指揮通信車に代わって、不整地に強い指揮車として運用されるケースもあり、この場合は73式装甲車に簡易屋根を追設して、移動式の通信・指揮所として使います。当初の想定とは異なる使い方ですが、半世紀が経ち、後継車が量産済みにもかかわらず、今でも使われているのはそれなりの存在意義があるからなのです。

また、同じ旧式の装甲兵員輸送車でアメリカのM113がありますが、こちらは現在ロシアの侵攻を受けているウクライナに200両以上が供与され、戦場まで兵士を運ぶ貴重な装甲戦力として活用されています。M113は73式装甲車に劣らない「古さ」を誇りますが、ウクライナ軍による反攻作戦にも投入されるなど、その活躍ぶりは決して侮れるものではなく、現代においても一応「通用」することが証明されました。そのため、73式装甲車も有事の際は戦場タクシーとして役割を今でも演じられると思われます。

1 2・・・次のページ

コメント

タイトルとURLをコピーしました