退役しない?73式装甲車と後継の見込みについて

陸上自衛隊
この記事は約3分で読めます。

防御力よりも機動性を優先した装甲車

陸上自衛隊が運用している装甲車両のなかで、74式戦車と同レベルの「老兵」なのが73式装甲車です。計338両が生産されたこの装甲車は、登場からすでに半世紀が経つにもかかわらず、未だに北海道と九州で使われています。

⚪︎基本性能:73式装甲車

重 量 13.3t
全 長 5.8m
全 幅 2.9m
全 高 2.21m
乗 員 操縦4名+同乗8名
速 度 時速60km
行動距離 約300km
兵 装 12.7mm機関銃×1
7.62mm機関銃×1
3連装煙幕発射弾×1
価 格 1両あたり約1億円(当時)

同時開発された74式戦車に随伴する前提の73式装甲車は、古そうな見た目とは裏腹に時速6kmで河川を渡れる浮上航行能力を持っています。ただし、この浮上航行には30分以上の準備時間が必要なうえ、沈んでしまうケースも多発したため、実用性は残念ながらありません。

実用性という点では、車内から外に向かって小銃を撃てるガンポートが左右に設置されているものの、実際の戦闘で役立つかは怪しいです。

横から見た73式装甲車、赤丸がガンポート(出典:陸上自衛隊、筆者加工)

兵員輸送車ということで、操縦要員以外にも8名まで乗せられますが、半世紀以上も前のこの装甲車にエアコンは付いておらず、乗り心地は快適とは程遠いレベル。

防御力についても、アルミ合金を用いた車体は小銃弾程度しか防げず、戦場まで兵士を運ぶ本来目的を見据えて、重さが増える装甲よりも機動性を優先した形です。

このように最低限の防御力さえあれば良いという思想に基づく一方、NBC兵器(放射性物質・生物・化学)に対する防護力はあるなど、侮れない面を持つのも事実です。

まだ価値のある「不整地走破能力」

では、なぜ旧式化が著しいこの装甲車が未だに現役なのか?

ひとつは後継の96式装輪装甲車は単価が高く、73式装甲車を全て更新できなかったから。新装備が優先配備される第7師団(陸自唯一の機甲師団)でさえも、未だ73式装甲車を使っている有様です。

そして、もうひとつの理由が73式装甲車の持つ不整地走破能力にまだ価値があるため。

全体性能では96式装輪装甲車の方が優れているものの、装輪式はキャタピラ式より不整地走破能力に劣ることから、不整地で戦車に随伴可能な73式装甲車は「意外に使える」装備なのです。

ほかにも、装輪式の82式指揮通信車に代わって不整地に強い指揮車として使われるケースも多く、この場合は簡易屋根をつけた移動指揮所に変身します。

このように旧式なのにまだ使われている具体例として、ウクライナに供与されたアメリカの「M113装甲兵員輸送車」が挙げられます。貴重な装甲戦力として反攻作戦で活躍し、現代地上戦でもそれなりに通用することを証明しました。

そのため、新しい装甲車で全更新する予算でもつかない限り、73式装甲車は「無いよりはマシな装備」として最後まで運用されるでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました