戦場タクシー?96式装輪装甲車とは

車両・火砲

自衛隊初の装輪式装甲兵員輸送車

「兵士をいかに迅速かつ無事に前線まで送り届けるか」というのは昔から変わらぬ課題ですが、自動車の登場はこの問いに対して、スピードと輸送力の両方でかなり満足のいく「解」を出したと言えます。

第一次世界大戦において、フランス軍がパリ市内のタクシーを使って兵を送り込み、結果的に「マルヌの奇跡」でドイツ軍を押しとどめた話は有名ですが、続く第二次世界大戦では大量の自動車による輸送力・補給線の確保というシステムが定着します。

こうした経緯の中、各国は兵隊を安全かつ迅速に運ぶための装甲兵員輸送車をこぞって開発し、戦車などの機甲部隊に随伴する戦力として期待されてきました。もちろん、日本の自衛隊も例外ではなく、73式装甲車などの独自車両を配備してきた歴史があります。

しかし、日本全国に道路網が整備されると、キャタピラ式よりも速度を出せる装輪式(タイア式)を求める声が強くなり、陸自初の装輪式装甲兵員輸送車「96式装輪装甲車」を開発することになりました。

⚪︎基本性能:96式装輪装甲車

全 長6.84m
全 幅2.48m
全 高1.85m
重 量14.5t
乗 員操縦者2名+10名
速 度時速100km
行動距離500km
兵 装40mm自動擲弾銃×1
12.7mm機関銃×1
価 格1両あたり約1.2億円以上

「クーガー」の愛称を持つ96式装輪装甲車は、小松製作所が開発した装甲車であり、現在に至まで380両以上が調達されました。見た目は「ザ・装甲車」という感じで、小銃弾を受けても走り続けられる8つのコンバット・タイヤが特徴的です。

車幅はギリギリ2.5m以内なので、道路交通法を気にせずに公道をそのまま走ることができ、高速道路などを使って全国各地に訓練や災害派遣で移動します。また、鉄道にも搭載可能な大きさであり、遠方の演習場へ運ぶ際は貨物列車に載せている姿がしばしば見られます。

96式装輪装甲車から展開する隊員(出典:陸上自衛隊)

車内には運転席と車長席の他に、最大12名が座れるベンチシートが設けられており、天井と後部のハッチを使って車外に展開します。それまでの73式装甲車と比べると車内は広くなっており、クッション材も使われているため、乗り心地は良くなったそうです。また、改良型のII型は、陸自車両の悲願とも言えるクーラーを装備されており、イラク派遣の際は大いに役立ちました。

本車はあくまで兵員輸送車であることから、通常はグレネードランチャーの40mm自動擲弾銃を装備していますが、イラクに派遣された「B型」は代わりに重機関銃を装備しました。数で言えば、通常型(A型)の方が圧倒的に多く、機関銃を設置した車両は珍しいと言えます。

重機関銃を装備したB型(出典:陸上自衛隊)

一方、防御力に関しては小銃弾や砲弾の破片には十分耐えられるものの、重機関銃以上の火器に対しては強度不足だそうです。一応、増加装甲を設置できるものの、追加装甲は速度の低下を招くので、兵員輸送車については「速度を犠牲にするよりも、一定の防御力があればいい」と割り切ることも大事でしょう。

また、車内には生物・化学兵器を想定した空気清浄装置が設置されており、隊員のガスマスクに新鮮な空気を送り込むことができます。このように乗員を最低限保護する能力は持っており、あとは「戦場タクシー」としての快速を活かして撃たれる前に隊員を送り届けるのです。

開発中止を経て浮かぶ3つの後継車候補

今もバリバリ現役の96式装輪装甲車は、全国各地の普通科(歩兵部隊)に配備されていますが、一部の特科(砲兵)部隊では旧式化した82式指揮通信車の代わりとして使っているそうです。乗員が本来座るスペースを活用すればモニターや簡易机は置けるので指揮車としての役割も担えるでしょう。

さて、本車の後継については悪路における走行能力と防御力を強化した「装輪装甲車(改)」の計画が進められていたものの、防弾性能が陸自の要求に満たないなどの紆余曲折を経て、2018年に開発が正式に中止されました。そこで防衛省は16式機動戦闘車の技術を流用した「機動装甲車(仮)」とフィンランド製の「パトリアAMV XP」を天秤に掛けた結果、2022年12月に後者を正式な後継車両として選定しました。

⚪︎関連記事:陸自も採用!パトリアAMV装甲車

1 ・・・次のページ

コメント

タイトルとURLをコピーしました