自衛隊のNBC偵察車、化学防護車の違いとその後継について

陸上自衛隊
この記事は約3分で読めます。

相違点は「生物兵器への対応能力」

大きな脅威を与える核物質・生物・化学を指す「NBC兵器」への対処能力が求められた結果、陸上自衛隊では2つの特殊車両「化学防護車」「NBC偵察車」を導入しました。

これらはNBC兵器によって汚染された場所に進出して、汚染状況を観測するのが役割で、専門の対処部隊「中央特殊武器防護隊」を中心に配備されています。

⚪︎基本性能:化学防護車、NBC偵察車

  化学防護車 NBC偵察車
全 長 6.10m 8m
全 幅 2.48m 2.5m
全 高 2.38m 3.2m
重 量 14.1t 20t
乗 員 4名 4名
速 度 時速95km 時速95km
行動距離 500km 500km
装 備 12.7mm機関銃×1
(遠隔操作式)
12.7mm機関銃×1
(遠隔操作式)
対応能力 核兵器(放射能)
化学兵器
核兵器(放射能)
生物兵器
化学兵器
価 格 1両あたり約2億円 1両あたり約6.3億円

まず、1987年に登場した化学防護車は、82式指揮通信車をベースにした自衛隊初のNBC専用車両で、密閉性を確保しながら空気清浄機で乗員を放射能と化学汚染から守ります。

この車内には放射能・化学物質の測定機器が搭載されていて、車体後部に設けられたアーム(マニピュレーター)を使えば、外気に触れずに汚染土壌のサンプルを採取できます。ただ、このアームは細かい作業に向いておらず、現場から使いづらいとの声が多いのも事実です。

化学防護車(出典:陸上自衛隊)

計47両が調達された化学防護車は、地下鉄サリン事件や福島第一原発事故に出動した実績を持つものの、生物兵器を想定した細菌検知能力がないことから「NBC偵察車」が新たに開発されました。

このNBC偵察車は化学防護車に生物兵器への対処能力を加えたものであり、もともと運用されていた生物偵察車と化学防護車の機能を一体化させた形です。

化学防護車よりもひと回り大きいNBC偵察車は、放射能・細菌・化学物質の全てを検知・測定できるうえ、放射能に対する防護能力も強化されました。

ほかにも、化学防護車にあったサンプル採取用のアームを廃止して、代わりに備え付けの手袋で土壌採取を行う「グローブ・ボックス」が設置されました。

化学防護車(左)と後継のNBC偵察車(右)(出典:陸上自衛隊、筆者加工)

このように各機能を一本化したNBC偵察車は、価格も化学防護車と比べて3倍以上に跳ね上がり、配備数は当初予定の50両に遠くおよばない19両にとどまっています。

コストや他装備の優先度合いを考えると、50両体制を完成させるまで相当の時間がかかりますが、原発事故と都市部での化学テロを経験した日本にとっては対処能力を確保するために必要な車両です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました