戦闘機への登竜門、T-4練習機

航空機

プロペラ卒業後に乗る国産ジェット機

航空自衛隊のパイロットはみんな最初にプロペラ型のT-7練習機で初級の操縦練習をしますが、卒業後はいよいよジェット練習機での練習へと移行します。その中で戦闘機パイロットを目指す者の多くが「T-4」と呼ばれる中等練習機を経験しますが、これはエンジンも含めた純国産のジェット機であり、ブルーインパルスの機体として使われていることで有名です。

⚪︎基本性能:T-4練習機

全 長13m
全 幅9.94m
全 高4.6m
乗 員2名
速 度マッハ0.9
(時速1,110km)
航続距離1,300km 
高 度14,800m
価 格1機あたり約22.5億円

丸みを帯びた機体から「ドルフィン」の愛称を持つT-4練習機は川崎重工業が主体となって1980年代後半に開発されましたが、国産装備品の割に開発費と量産コストを抑えることに成功した結果、現在までに累計212機が生産されました。練習機であることから操縦性および安定性を重視した設計が施されており、特に「遷音速」と呼ばれる音速と亜音速が混在する難しい速度域でも良好な操縦性を発揮します。また、遠方の訓練空域まで出向くことを想定して航続距離や速度はそれまでの練習機より向上しました。

このようにジェット練習機としては優れた性能を持つT-4は、基本操縦課程と戦闘機操縦基礎課程で学生が乗る機体として芦屋基地や浜松基地に多数配備されています。こうした課程を通じてジェット機を操る技術を身に付けるわけですが、最終的に目指すF-15戦闘機F-2戦闘機とは操縦性におけるギャップが大きく、T-4に慣れすぎて逆に戦闘機に移行しづらい訓練生もいるそうです。

T-4練習機は前席に訓練生、後ろに指導教官が乗るスタイル(出典:航空自衛隊)

練習機であるT-4は当然ながら武装はしていませんが、開発元の川崎重工では電子機器の強化と機関砲やミサイルの搭載によって武装化する案が一時期検討されていたそうです。練習機以外では、整備用の教材や集塵ポッドを取り付けて大気中の浮遊塵を採取する(北朝鮮の核実験時)用途でも使われています。他にも、連絡機として使われるので飛行場のある基地では大概運用されています。

そんな中、操縦訓練以外の用途で最も知られているのがブルーインパルスによる曲芸飛行であり、T-4は1995年から戦技研究仕様機という名称で使われています。通常のT-4と異なるのは派手な塗装に加えて、低高度警報装置やスモーク発生装置などの追加、コックピット内のレイアウトを若干変更した点です。一般の方はT-4練習機と聞いてもあまりピンと来ないかもしれませんが、ブルーインパルスが操る飛行機と言えばイメージが思い浮かぶのではないでしょうか。

操縦訓練以外にも色々使われているT-4ですが、既に生産が終了しているうえ、飛行時間の蓄積による老朽化も進んでいることからそろそろ後継の検討を考え始める時期になりました。防衛装備庁は2021年7月にT-7およびT-4の後継機を検討するための情報を募集することを発表しましたが、これに対してT-4を担当した川崎重工が応じるかどうかに注目が集まります。あくまで情報提供なので具体的な提案を行う段階ではありませんが、それでも後継機を巡る暗中模索が既にスタートしたと言っていいでしょう。下馬評ではアメリカ空軍も採用した「T-7A練習機」を製造するボーイング社が名乗りあげる可能性が高いとのことですが、今後数十年にわたって日本のパイロットの卵たちが乗る機体になるため、国産企業にも頑張ってほしいところですね。

⚪︎関連記事:若鷲の第一関門、T-7練習機

1 ・・・次のページ

コメント

タイトルとURLをコピーしました