エリート?防衛駐在官とは

外交

軍事における外交官+公認のスパイ?

「外交」といえば外務省職員が担う仕事ですが、軍事関連となれば「防衛駐在官」の出番になります。いわゆる「駐在武官」である防衛駐在官は防衛省自衛隊から外務省に出向という形で在外大使館に派遣され、軍事分野における外交官として相手国の軍事情報を収集するのが主な仕事です。むろん、外務省職員もこうした情報収集に従事するものの、軍に関わる情報はやはり同じ軍人同士の方が情報交換しやすい傾向があります。

人間はライバルでも同じ業界に属している人には不思議と一定の親近感を抱きますが、防衛駐在官もこうした心理を利用して軍人同士の関係でしか入手できない情報を獲得しようと試みます。防衛駐在官は軍事における日本代表でもあるので式典や行事に参加することが多いですが、こうした場でカウンターパートや他国の駐在武官と交流しつつ、何気ない会話を通じて貴重な軍事情報を掴もうとしているのです。ある意味、合法かつ公認のスパイと言えるかもしれませんね。当然ながら相手国もこうした事情を承知の上で接触してくるので、そこには心理戦を含む情報戦が繰り広げられます。

他にも、軍事分野での相互交流や協力を促進するのが防衛駐在官の役割ですが、この辺りは両国の関係性次第と言えるでしょう。例えば、オーストラリアのような準同盟国であれば共同訓練や技術協力に至るまでの密接な交流を進められますが、事実上の仮想敵国である中国の場合は協力よりも軍事動向の確認や偶発的な軍事衝突を防止するための関係構築が優先されます。実際に軍事衝突や事故が発生した場合、軍事に明るくない外務省職員よりも軍人同士の方が理解し合えるケースが多く、緊張緩和につなげることが可能です。つまり、派遣先によって仕事の中身、幅、そして難易度が大きく異なるのです。

防衛駐在官になるための要件

さて、防衛省は現在約50箇所の在外大使館に70名以上の防衛駐在官を派遣していますが、各大使館には概ね1〜2名の1佐また2佐が配置されている状況です。任期は約3年であり、帰国後は勲章に相当する防衛記念章が授与されます。ちなみに、戦前は陸海軍がそれぞれの駐在武官の派遣したことで業務の重複や情報共有の阻害要因になっていましたが、戦後はその反省から陸海空で一元化して垣根を取り除きました。

最も派遣人数が多いのが同盟国アメリカの6名ですが、ここは唯一「将官」を派遣していることからも特別扱いなのが分かります。外務省の中でも駐米大使が一番のエリートポストであるように、防衛駐在官の中でも別格かつ花形と言える派遣先がアメリカなのです。

次いで多いのが中国、韓国、オーストラリアの3名ですが、中国と韓国は隣国であるがゆえに、オーストラリアは準同盟国として厚めに配置していると思われます。他は前述のとおり1〜2名の派遣ですが、派遣先によっては近隣国も兼務することがあります。例えば、中東のクウェートに派遣された防衛駐在官はイラクとカタールも担当することになり、ベルギーの場合は同国に本部を置くNATOやEUも担当対象になるのです。

では、防衛駐在官になるにはどうしたらいいのでしょうか?
まず、以下の要件を満たさなければなりません。

・3佐以上の幹部自衛官(A幹部)
・指揮幕僚課程(CS)卒業者
・TOEIC600点以上の英語力
・良好なコミュニケーション能力

大前提として幹部自衛官でなければ、そもそもスタート地点には立てません。そのため、まずは陸海空の幹部候補生学校を卒業して3尉から3佐を目指して幹部自衛官の道を歩むこと。そして、英語力や勤務成績などが重要となりますが、上記の要件以外にも「人物評価」が考慮されるため、上司や部下、同僚からも十分評価される人格を形成せねばなりません。防衛駐在官はまず防衛省自衛隊の代表として外務省に、次に一国の代表として派遣されるわけですから、外に出しても恥ずかしくない人が当然選ばれます。

ここで注意したいのが、幹部自衛官は「A幹部」「B幹部」というランクに分かれており、前者はエリート扱いで昇任も早く、防衛大学卒業者または一般大学を卒業した後に幹部候補生学校に入った者を指します。一方、B幹部は自衛隊内から選抜されて幹部になった「部内幹部」のことを指し、A幹部と比べると昇任も遅く、最終的に目指せる階級やポストも限られます。

そして、防衛駐在官は基本的にA幹部が対象であり、B幹部は想定されていないのが実情です。また、上級指揮官の育成を目的とした指揮幕僚課程(CS)を卒業していることも要件の一つですが、CSもA幹部向けの教育コースなのでここでもB幹部は壁にぶち当たってしまいます。

ただ、B幹部に全く希望の光がないわけではなく、2佐ポスト(モロッコやヨルダンなど)であればB幹部でCSを卒業していなくても防衛駐在官になることは可能です。もちろん、B幹部の中でも相当優秀な者のみがなれる狭き門ですが。

以上のことから分かるように、そもそも防衛駐在官は幹部自衛官の中でもエリートとされるA幹部向けのポストなので、なりたい人はまず防衛大学もしくは一般大学を卒業した後、幹部候補生学校に入ることです。そして卒業後は語学力を含む能力を伸ばしつつ、優秀な勤務成績を残してながらまずはCS入校を目指しましょう。また、人事面談や希望調査で防衛駐在官を志望していることを毎回強調することも忘れずに。

1 ・・・次のページ

コメント

タイトルとURLをコピーしました