特攻する無人機?スイッチブレード300/600の威力

アメリカ
この記事は約3分で読めます。

ほぼミサイルの自爆ドローン

もはや当たり前の存在になりつつあるドローン(無人機)ですが、軍事面でもグローバル・ホークのように長時間の警戒監視任務に投入したり、2022年に発生したロシア=ウクライナ戦争でも両陣営が敵情偵察や火砲の着弾観測に用いています。

また、MQ-9リーパーのように敵に対してミサイルを放つ無人攻撃機も運用されていますが、この攻撃型をミサイルの母機としてではなく、無人機自体をミサイル化したのが「自爆型ドローン」です。

別名「カミカゼ・ドローン」とも呼ばれるこのタイプですが、実は同じ自爆型でも遠隔操作型やGPS誘導を使ったプログラム飛行型などいくつかの種類に分かれていますが、後者についてはトマホークのような巡航ミサイルとあまり変わりません。したがって、巡航ミサイルと自爆型ドローンの明確な違いは「プロペラの有無」ぐらいでしょうか。

そんな自爆型ドローンは最近の紛争・戦争によく登場しますが、2020年のナゴルノ=カラバフ紛争ではアゼルバイジャン軍がイスラエル製自爆型ドローンを使ってアルメニア軍の防空陣地を多数破壊し、戦局をアゼルバイジャン側の優位に導きました。

さらに、2022年のロシア=ウクライナ戦争でも自爆ドローンは多用され、ロシアはイラン製ドローンで都市空爆を行う一方、ウクライナ側もアメリカから提供された「スイッチブレード」を運用しています。

今回はウクライナに供与されたのをきっかけで、一躍有名となったスイッチブレードについて紹介します。

対テロの「飛び出しナイフ」

まず、スイッチブレードは元々はアメリカ陸軍向けにエアロヴァイロンメント社(米)が開発した自爆型ドローンで、遠隔操作によって目標に突っ込んで爆発するタイプ。

「飛び出しナイフ」の名を持つこのドローンは、「スイッチブレード300」と「スイッチブレード600」の2種類があって、前者は対人攻撃用、後者は戦車などの装甲車両を狙うために使います(厳密にいえば、偵察用・非武装型の「ブラックウィング」もある)。

⚪︎基本性能:スイッチブレード300/600

  スイッチブレード300 スイッチブレード600
重 量 2.5kg 54.5kg
全 長 49.5cm 130cm
全 幅 7.6cm 15cm
速 度 時速160km 時速185km
航続距離 10kmもしくは15分間 40kmもしくは40分間
価 格 1機あたり約60万円 1機あたり約100万円

まず、先に登場した「スイッチブレード300」はアフガニスタン戦争でタリバンの待ち伏せ攻撃に苦しむ米軍のために、航空支援よりも即応性に優れ、持ち運べる「現場の簡易航空機」として開発されました。

スイッチブレードは発射筒から圧縮空気を使って飛び出した後、兵士がコントローラーで遠隔操作しますが、電動モーターで飛行するので、騒音が比較的小さく、敵に気付かれにくいのが利点。

スイッチブレードを発射する様子(出典:アメリカ軍)

また、機首のカメラを通じてリアルタイム映像が見られるため、最前線で活動する兵士にとってはその場で展開して上空からの警戒や偵察を行い、敵を発見したら攻撃もできる便利なアイテムです。

このように、低コストで携行可能な「お手軽・航空戦力」がコンセプトのこのドローンは、手榴弾級の威力を持つ弾頭を搭載しており、爆発時のエネルギーを前方に集中させて周囲の巻き添えを回避します。

さらに、最後まで人間が操作するので、直前での攻撃中止など柔軟な対応ができ、同じ対人攻撃に使われるヘルファイア対戦車ミサイルよりも民間人の巻き添え被害を抑えられます。

対テロ戦争を見据えて作られた「スイッチブレード300」はアフガニスタンで4,000機近くが投入されたものの、実際は攻撃よりも突発的な警戒・偵察任務に使うケースが多かったそうです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました