洋上作戦を支える補給艦

海上自衛隊

長期間の作戦に欠かせない「お供」

船は広大な海を航行する能力を持ちますが、定期的に燃料、食糧、真水の補給を受ける必要があります。通常はどこかに寄港して補給を行いますが、これは寄港先が友好国、自軍の基地であるケースです。例えば、仮想敵国が寄港をすんなり許可してくれるとは考えにくく、一刻を争う作戦中はのんびり寄港している場合ではありません。

そこで、外洋を航行中でも補給できるように「補給艦」が登場します。これは読んで字の如く他の軍艦に燃料、食糧、弾薬を供給する艦であり、長期間にわたる海上作戦には欠かせない存在です。

ただ、この「航行中の補給(洋上補給)」はかなり高度な技量が求められます。例えば、洋上給油では補給を受ける側と補給艦が40メートルほどの間隔を空けつつ、ワイヤーとホースを使って給油を実施します。この時、両者は同じ速度で併走する必要があり、40メートル弱という間隔も保たねばなりません。自動車で例えるなら、1メートル以内の距離に幅寄せして、併走しながら物を手渡すようなものです。

給油ホース(左、赤丸)を使って給油活動をする補給艦(出典:海上自衛隊)

また、食糧・弾薬の補給は、2隻の間に張ったワイヤーに物資を吊り下げて渡す「ハイライン移送」と呼ばれる方法を用います。ハイライン移送を使えば、吊り下げたカゴに人を乗せて輸送することも可能です。ワイヤーにぶら下がった状態で高いところから海上を移動するわけですからスリル満点でしょう。

このように、洋上補給は艦同士が一定の間隔と同じ速度を維持しなければならず、高い操艦技術と手際の良さを要する難易度の高い行為なのです。それでも、いちいち寄港するよりは短時間で済むうえ、補給場所も柔軟に選べるので作戦行動中の軍艦にとっては合理的な選択肢と言えるでしょう。

活動範囲の拡大を支える海自補給艦

海上自衛隊も「とわだ型」「ましゅう型」の2種類、計5隻の補給艦を配備しており、海上の兵站を支える重要な仕事を担っています。

⚪︎基本性能:「とわだ型」「ましゅう型」補給艦

とわだ型ましゅう型
排水量
(基準)
8,100t13,500t
全 長167m221m
全 幅22m27m
乗 員140名145名
速 力22ノット
(時速40.7km)
24ノット
(時速44.4km)
航続距離約19,500km約17,600km
能 力燃料:7,500t
食糧:500kg
燃料:10,000t
食糧:650〜750kg
病床:46床
価 格1隻あたり約330億円1隻あたり約430億円
建造数3隻
・とわだ
・ときわ
・はまな
2隻
・ましゅう
・おうみ
就役期間1987年〜2004年〜

海上自衛隊では1980年代に護衛艦が大型化し、それまで以上に外洋に展開することを見据えた艦隊が編成されます。この艦隊の外洋活動を支えるにあたって、従来の補給艦では能力不足と判断され、より供給能力を持つ補給艦を建造します。それが「とわだ型」であり、それまでの補給艦と比べて供給能力が格段に向上しました。

そして、2000年代に入ると海自の活動範囲はますます拡大し、今では南シナ海〜インド洋まで定期的に進出しています。そのため、「とわだ型」よりもさらに能力を強化した「ましゅう型」が2隻建造されますが、この2隻の補給艦は「いずも型護衛艦」が登場するまで海自最大の艦艇でした。

「いずも」登場まで海自最大の艦艇だった「ましゅう型」補給艦(出典:海上自衛隊)

「ましゅう型」は「とわだ型」と比べて艦艇向け燃料及び航空燃料の搭載量が1.3〜1.5倍となっており、真水を供給することも可能となりました。燃料に限っていえば、9〜10隻の汎用護衛艦に対して補給できる能力を持つわけです。食糧・弾薬の供給も当然できますが、艦内にフォークリフト、コンベア、エレベーターを設置することで搬送を素早く行えるようにしています。

他にも、「とわだ型」にはなかった集中治療室を含む46床の医療施設を艦内に設けています。これらは簡易病院船としての一定の役割を果たし、災害派遣でも活躍します。ヘリコプター甲板も設置しているため、ヘリを使っての物資輸送も可能です。

海自の補給艦は平時から共同訓練を含む活動に参加しており、米海軍や豪海軍への補給も実施しています。特に、対テロ戦争への協力として2001年から2010年までは補給艦が交代でインド洋に派遣され、アメリカを含む計11カ国の海軍艦艇への給油を実施しました。

他国艦艇への補給を行う海自補給艦(出典:海上自衛隊)

このインド洋派遣は湾岸戦争後の掃海任務以来の海外派遣であり、遠方での実任務を通じてノウハウを学ぶ貴重な機会となりました。この給油活動を通じて、迅速な補給を行う技量や他国との共同対処能力を磨いたのです。

さらに、実際に日本の軍艦が現場で活動することで「プレゼンス」を示し、同盟国アメリカを含む諸外国からの信頼と評価を勝ち取ります。自由主義陣営の一員として自国から離れた場所まで「人」を派遣する姿勢を示したことが、その後のアメリカ、イギリス、オーストラリア、フランス、インドとの定期的な共同訓練と「対中国」を見据えた協力関係に繋がったのです。

今では海自はヘリ空母を含む艦隊を毎年インド洋方面に派遣したり、ソマリア沖の海賊対処に護衛艦と航空機を投入していますが、これらの先駆けとなったのが補給艦のインド洋派遣でしょう。

海自補給艦の今後

さて、既述のとおり海自の活動範囲は年々広がっており、今では当たり前のように南シナ海〜インド洋に展開しています。これらの活動を支えるためには補給艦の存在が重要ですが、「とわだ型」3隻は海外派遣を想定しておらず、使い勝手が悪いことが判明しています。

したがって、「ましゅう型」の投入が理想的なわけですが、2隻しかありません。ローテーションを考慮すれば、海自全体で常時使える補給艦は多くて3隻でしょう。しかも、「とわだ型」は建造から30年を超えており、老朽化が進んでいるのです。そろそろ後継艦の話があってもいいのですが、「とわだ型」に艦齢延伸の工事を施したことから新規建造の予定は今のところないと推測します。

慢性的な人員不足と厳しい予算制約から護衛艦の建造を優先しているのが実情でしょうが、戦の要は「兵站」です。また、最新鋭の「もがみ型」フリゲートに機雷戦能力を付与したことからも、海自は多目的艦の導入で人手不足を軽減しようとしています。そのため、改「ましゅう型」のような新規建造よりも、補給能力も持つ多目的艦の導入を検討しているように思えます。

1 ・・・次のページ

コメント

タイトルとURLをコピーしました