手で投げるミサイル、ポイントブランクって何?

アメリカ
この記事は約3分で読めます。

ランチャー不要のミサイルは自爆ドローン

ドローンが目覚ましい発展を遂げている現代、スイッチブレードに代表されるような自爆型ドローンの登場によって、巡航ミサイルとの境界線が曖昧になりました。

こうしたなか、イスラエル企業が歩兵が手で投げるミサイル「ポイント・ブランク」を開発して、アメリカ軍が導入を決めたニュースが話題となりました。

しかし、この携行式ミサイルは、実際には自爆ドローンといえる兵器です。

⚪︎基本性能:ポイント・ブランク

重 量 6.8kg
全 長 1.0m
全 幅 0.8m
速 度 最大時速185km
航続距離 10km
連続飛行時間 20分
高 度 約460m
要 員 1名
価 格 不明

ポイント・ブランクは英語で「ゼロ距離」を意味しますが、通常のミサイルのようにランチャーを必要とせず、歩兵がその場で手投げできる点では名称のとおりでしょう。

外見は「スターウォーズ」に登場する反乱同盟軍の主力戦闘機「 X-ウィング」のような姿をしており、この独特な構造で垂直離着陸能力と空中ホバリング能力、そして最大時速185kmの水平飛行性能を獲得しました。

歩兵による単独運用が「売り」のポイント・ブランクは全重量が約7kgと非常に軽く、ランチャーが不要なのでバックパックに入れてあらゆる地形において持ち運べます。

そして、素早く展開した後は、電子光学カメラでリアルタイム映像を受信しながら、GPS誘導による精密攻撃を実施します。このとき、攻撃せずに帰還する選択肢も取れるため、通常の偵察ドローンとしても活用できます。

一応、開発元のイスラエルはポイント・ブランクをミサイルに分類しているものの、手で投げることに加えて、空中でのホバリング能力や攻撃中止後に回収できる点をふまえれば、むしろ自爆ドローンと呼ぶ方が適切です。

さて、そんなポイント・ブランクは公開された映像を見る限り、非装甲車両を簡単に破壊する威力を誇る一方、戦車のような装甲車両に対しては一定の損害を与えられるものの、「撃破」までは難しいかと。

したがって、一般車両やトラック、牽引式火砲のような比較的脆弱な目標を攻撃するには適しており、正規戦では後方の兵站支援能力に打撃を与える際に効果的と思われます。

また、装甲車両を持たないテロ組織との非正規戦であればなおさら威力を発揮しやすく、特に単独運用による費用対効果を考えれば、戦闘機や無人攻撃機を投入するよりははるかにシンプルかつ安上がりです。

対中国を意識したアジア太平洋へのシフト、そしてロシアによるウクライナ侵略への対応を迫られているアメリカは、もはや中東での対テロ戦に資源を割く余力がなく、現地政府軍を支援する小部隊の派遣が精一杯。

そのため、これら少人数の兵士でも効果的に戦えるうえ、費用対効果に優れる「ポイント・ブランク」は、アメリカが同地域への関与を継続するにあたって重宝される兵器のひとつになり得ます。

⚪︎関連記事:特攻する無人機?スイッチブレードの威力

コメント

タイトルとURLをコピーしました