陸上自衛隊

海上自衛隊

圧倒的不足?自衛隊の弾薬事情

継戦能力と練度に直結する弾薬備蓄量 高性能な兵器を運用する自衛隊は日々の訓練を通じて高い練度を誇ることで知られていますが、「弾薬不足」という有事では敗北に直結する致命的な欠点を抱えています。いくら優れた兵士と装備を有しても、肝心の弾...
陸上自衛隊

陸自唯一!最強の第7師団

ズバ抜けた戦力を持つ唯一の機甲師団 陸上自衛隊には第1空挺団や特殊部隊である特殊作戦群など「最強」と称される部隊がいくつかありますが、各地に駐屯する旅団・師団の中でズバ抜けた戦力を誇るのが北海道の第7師団です。これは陸自において唯一...
陸上自衛隊

新設される陸自・沖縄防衛集団って?

那覇の第15旅団を約1,000人増強 対中国を見据えた防衛体制の構築が急がれる南西諸島方面ですが、ここ15年間で宮古島、与那国島、石垣島への陸自部隊の配備が進められ、かつての「空白地帯」は埋められつつあります。しかし、尖閣有事や台湾...
陸上自衛隊

首都防衛の要!陸自第1師団

東京を含む首都圏を守る「頭号師団」 時代や国を問わず、首都の守りには精鋭部隊があてがわれますが、陸上自衛隊でその任に就くのが第1師団です。陸自の各師団・旅団の中で最も若い番号を戴くこの師団は旧日本軍の第1師団と同様に「頭号師団」とも...
車両・火砲

なぜ敗れた?機動装甲車(仮)

総合評価でパトリアに敗北したMAV 陸上自衛隊が運用中の96式装輪装甲車の後継としてフィンランド製のパトリアAMVが選ばれましたが、この次期装輪装甲車の座を巡って最後まで争っていたのが三菱重工業が提案した「機動装甲車(仮)」なのです...
車両・火砲

幻に終わった装輪装甲車(改)

開発中止となった96式装輪装甲車の後継候補 防衛省は2022年12月に陸上自衛隊が運用中の96式装輪装甲車の後継としてフィンランド産のパトリアAMV XPを採用することを発表して話題となりましたが、実は当初計画では国産の「装輪装甲車...
車両・火砲

陸自も採用!パトリアAMV装甲車

自衛隊の次期装輪装甲車として内定 陸上自衛隊は多数の装甲車を運用中ですが、未だに旧式の73式装甲車が現役であったり、その後継である96式装輪装甲車も十分な数を揃えられないまま老朽化が始まっているのが現状です。したがって、96式装輪装...
ドローン

陸自も使うスキャンイーグル

魚群探査用を改良した偵察ドローン 現代戦ではもはや当たり前に投入されるドローンですが、特に偵察・警戒監視任務においては欠かせない存在であり、ロシア=ウクライナ戦争では小型民生品ドローンを偵察から攻撃に至るまで用いている様子が確認され...
ミサイル

まだ使う?改良ホークミサイル

陸自で現役の年代物・防空ミサイル 航空機やミサイルから自身を守る「防空」は陸海空どの自衛隊においても重要視されていますが、特に陸上自衛隊は多種にわたる地対空ミサイルを保有しています。その中で最も古く、旧式兵器でありながら未だに運用さ...
ミサイル

まだ通用する?87式対戦車誘導弾

国産初のレーザー誘導式「中MAT」 陸上自衛隊は戦車を撃破するための装備を多数運用しており、和製ジャベリンこと01式軽対戦車誘導弾や110mm個人携帯対戦車弾と呼ばれるパンツァーファウスト3などが有名ですが、これらは肩に担いで撃つタ...
ミサイル

二刀流の79式対舟艇対戦車誘導弾

戦車も上陸用舟艇も狩る国産ミサイル 上陸してきた敵を撃破するのが主任務の陸上自衛隊は多岐にわたる火力装備を保有していますが、なかでも面白いのが戦車も舟も撃破可能なミサイルを運用していることです。通常、対戦車ミサイルは名前のとおり戦車...
車両・火砲

身近な火砲?81mm迫撃砲の威力

普通科中隊の頼れる火力として 現代の陸戦で勝敗を分けると言われているのが「火力」の優劣であり、敵を阻止する防衛戦でも、攻勢をかける場合でも火砲なくして成功はできません。2022年に始まったロシア・ウクライナ戦争でも大規模な砲兵戦が行...
ミサイル

91式携帯地対空誘導弾の性能

日本版スティンガーの防空能力はいかに? 空からの攻撃に弱い歩兵ですが、携帯式防空ミサイル(MANPADS)を使うことで一定の防空能力を獲得できるうえ、攻撃ヘリすら撃墜可能になります。そんなMANPADSの代表例がアメリカ製のスティン...
車両・火砲

パンツァーファウスト3の威力

WW2で活躍した戦車キラーの子孫 戦車などの装甲車輌が一気に進化した第二次世界大戦は、歩兵が戦車を倒すための兵器開発が進められた時期でもありました。こうした対戦車兵器の黎明期において、特に多用されたのがあの有名なドイツの「パンツァー...
車両・火砲

カールグスタフ?84mm無反動砲?

スウェーデン製のベストセラー無反動砲 歩兵にとって最大の脅威とも言える戦車ですが、第二次世界大戦では携帯式の対戦車兵器が登場すると歩兵も一方的に狩られる立場ではなくなりました。この頃に誕生した対戦車兵器と言えばドイツのパンツァーファ...
タイトルとURLをコピーしました