外国関連

どうなる?ロシア=ウクライナ戦争の行方について

失敗した斬首作戦と短期構想 2022年2月に始まったロシアによるウクライナ侵攻は、プーチン大統領がもくろんだ短期的な電撃戦ではなく、2年以上にわたる長...
アメリカ

米海軍のミサイル追跡艦が持つ役割とその恐るべき能力

弾道ミサイルを捉える移動基地 北朝鮮による弾道ミサイル発射が常態化するなか、これを確実に捉える能力がさらに重要となりました。こうした追跡・監視任務は地...
アメリカ

自衛隊は導入せず?F-15EXの驚くべき性能と価格

進化したイーグルII 航空自衛隊でF-35ステルス戦闘機の配備が進むなか、機数では未だにF-15J戦闘機が主力を務めています。ところが、このF-15も...
自衛隊

謎すぎる自衛隊の暗号電波?Japanese Slot Machineとは

目的・用途不明の放送 電波放送は日常生活のみならず、軍事活動でもよく使われる通信手段ですが、なかには何に使われているのか全く分からないものがあります。...
陸上自衛隊

11式短距離地対空誘導弾の役割と後継、配備数は?

81式の後継として 陸上自衛隊には中〜短距離防空を行う各装備がそろっていて、特に短・近距離についてはかなり種類が充実しています。 なかでも、81...
外国関連

ロシアが自慢するポセイドン核魚雷の威力は本当か?

巨大津波を引き起こす ウクライナ侵攻によって西側諸国との敵対が深まるなか、NATO介入を防ぐためにも、ロシアは核兵器の恐ろしさをチラつかせてきました。...
アメリカ

アメリカのモバイル短距離防空「M-SHORAD」とは?

高機動・柔軟な防空兵器 自爆ドローンなどの新兵器が戦場で活躍するなか、これら空の脅威から地上部隊を守るための新しい防空システムがアメリカ陸軍に配備され...
海上保安庁

対中国の最前線、海上保安庁の尖閣領海警備専従部隊とは?

新型船を集中配備 尖閣諸島沖に毎日のように中国公船が出現するなか、これを24時間体制で監視・警戒しているのが海上保安庁の巡視船です。 こうした対...
外国関連

日本がイギリスのCPTPP加盟をあと押しした理由

対中国の経済枠組み みなさん、かつて日本国内で大きな議論となった「TPP(環太平洋経済連携協定 )」を覚えています? 農業団体などに反対されなが...
自衛隊

大きすぎる?イージス・システム搭載艦はどうなるのか

陸上型イージスの代替 北朝鮮のミサイル問題に対して、日本はイージス艦とPAC-3による迎撃体制を構築しましたが、近年の度重なるミサイル発射実験を受けて...
戦車

最強、それとも弱い?イスラエルが誇るメルカバ戦車の性能

硬くて生存性重視 イスラエルという国は、その複雑な歴史のせいで周りがいつも敵だらけという状況に置かれてきました。このアラブ国家だらけの地域に孤立したユ...
陸上自衛隊

驚異の成功率!自衛隊の不発弾処理部隊の実力とは?

陸自にある5つの処理隊 太平洋戦争で激しい空襲を受けた日本では、戦後80年近くが経った今でも各地で「不発弾」が見つかります。その数は毎年1,000件ほ...
アメリカ

対ドローン用兵器?米軍のドローンバスターとは何か

電磁波照射で妨害する 現代戦で必須装備となったドローンは、偵察や着弾観測、小型爆弾の投下、自爆攻撃まで行える優れた兵器であると同時に「厄介な存在」でも...
外国関連

日本とオーストラリアが準同盟関係になったわけ

根深かった対日警戒感 日本は同盟国・アメリカのほかにも、イギリスやオーストラリアとの準同盟化を進めていますが、特に後者との相思相愛ぶりは近年の日本外交...
自衛隊

それでも足りない?海上自衛隊・護衛艦54隻体制への増強

米海軍を支援する役目 海上自衛隊の主任務とは何でしょうか? もちろん、日本の海を守ることですが、これには沿岸警備からシーレーン防衛、敵部隊の上陸...
アメリカ

優秀すぎて後継いらず?ブローニングM2重機関銃のスゴさ

最初から完成された傑作 スマホをはじめとする製品は、あとから登場したものが本来は優れた性能を持つものです。しかし、軍事分野では意外にも「古い兵器」の方...
外国関連

ドイツ海軍のF126型フリゲートに秘められた性能

1万トンの多目的戦闘艦 ドイツといえば陸軍のイメージが強く、対する海軍は2つの世界大戦でその脅威を知らしめたUボート、潜水艦の印象がいまも残っています...
陸上自衛隊

最強の防人たち?ヤマネコ軍団・対馬警備隊の重要性

国境の島・対馬 長崎県・対馬といえば、朝鮮半島への中継地であるとともに、大陸からの侵略で真っ先に狙われてきた地でもあります。 「刀伊の入寇」と呼...
アメリカ

敵を欺くデコイミサイル・ADM160B MALDとは?

囮を作る欺瞞兵器 相手をダマすのは軍事における常套手段ですが、アメリカにはこの働きを担う特殊なミサイル「ADM160 MALD」というのがあります。 ...
外交・安全保障

なぜ中国は南シナ海を軍事基地化するのか?

海上交通路の確保 南シナ海は多くの国が面しているにもかかわらず、中国は「九段線」という線引きを使ってその大部分を自国のものと主張してきました。中国によ...
タイトルとURLをコピーしました