世界最速?SR-71ブラックバード

アメリカ軍

マッハ3を超える高高度偵察機

東西冷戦においてアメリカは秘密のベールに包まれたソ連領奥深くを偵察するために高高度偵察機U-2ドラゴンレディを開発しますが、同機は戦闘機が到達できない高度を飛行できた一方で、ソ連軍の対空ミサイルにあっけなく撃墜されました。

そこで、高高度における飛行性能を維持しつつ、ミサイルを回避できる超音速の飛行機を開発することとなり、結果的に世界最速の記録を出す「SR-71」が誕生しました。

⚪︎基本性能:SR-71 ブラックバード

全 長32.7m
全 幅16.9m
全 高5.63m
乗 員2名
速 度約マッハ3.3
(時速3,529km)
航続距離5,230km
実用上昇限度26,000m

黒い外見から「ブラックバード」の愛称で知られるSR-71は、元々はCIAが開発したA-12偵察機を参考にしており、高高度偵察機でありながら超音速飛行も可能という点ではSR-71の先祖とも言えそうです。

冷戦真っ只中の1960年代に開発がスタートしたSR-71ですが、配備後の1976年には有人実用機として世界最速記録である時速3,529km(約マッハ3.3)を叩き出しており、高度25,900mでの安定飛行というU-2を超える偉業も達成しました。

ここまで速いともはやイメージが掴みにくいですが、例えばアメリカ西海岸のロサンゼルスから東海岸のワシントンDCまで「67分」で到達したことがあります(普通は約6時間)。他にも、ニューヨーク・ロンドン間の大西洋をわずか1時間54分で飛行する記録も出していますが、あの有名な超音速旅客機コンコルドですら最速2時間52分であったことを考えるとやはり「化け物」でしょう。

このように高高度と超音速の飛行性能を兼ね備えたSR-71ですが、ここまでの速度を出すと当然ながら外気との摩擦熱も想像を絶する温度となり、他の航空機とは全く異なる「頑丈さ」を優先した造りが必要です。そのため、最高で700℃近くまで達する高熱にも耐えられるように機体の90%以上がチタン合金でできており、外見的特徴でもある黒い塗装は放熱効果があるとされています。

これだけ外部が高温を帯びても、機内にいるパイロットの安全は確保されていますが、高高度飛行を考慮した宇宙服のような専用スーツを着用しなければなりません。また、長時間飛行であってもU-2と同様に機内にトイレがないため、パイロットはオムツを履いて対応するしかありません。

どこかUFOのような印象を受けるSR-71(出典:NASA)

ちなみに、平べったい見た目からステルス機と思われることが多いですが、確かに本機は塗装や設計を通じてステルス性の向上を目指したものの、実際にはソ連側のレーダーに何度も捕捉されていたそうです。ただ、ステルス黎明期においてSR-71が与えた技術的な教訓は後のB-2ステルス爆撃機などの開発に大いに活用されることとなります。

さて、超音速飛行を可能にしたエンジンについてですが、本機はベースとなったA-12と同じものを2基積んでおり、空気の圧縮を効率良く調節する電子制御機能など当時としてはかなり先進的な技術を採用しています。また、このエンジンは排気に対してもう一度燃料を吹き付けて爆発的な推力を得る「アフターバーナー」の長時間使用を実現しており、これがマッハ3以上を出せるカギとも言えます。

期待通りだが、特殊すぎるゆえに高いコスト

米空軍の期待に応えて高高度と超音速を実現したSR-71は合計32機が製造され、ソ連領やベトナム戦争における北ベトナムへの偵察任務で活躍しますが、うち12機は事故によって失われました。ただ、当初の目論見通り「撃墜」された機はなく、ソ連側の対空ミサイルに捕捉されたにもかかわらず、自慢の速さを発揮して振り切ったケースもあるそうです。

このように「期待通り」の能力を発揮したSR-71ですが、運用にかかる手間とコストが高いことが常に悩みのタネでした。例えば、燃料とエンジンオイルは耐熱性を重視した特殊なものを使っており、準備は離陸の24時間前から始めなければなりません。

また、設計上は超音速飛行に伴う高熱で機体が膨張することを考慮しているため、機体外部のパネルにはわざと隙間が設けられており、地上にいる間はここから燃料が少し漏れてしまうそうです。したがって、地上では安全上の理由から離陸に必要な分だけの燃料を搭載し、離陸後は空中給油機によって任務に使う燃料をもらうそうです。そして、超音速飛行時は高熱による膨張で隙間が塞がれるため、問題の燃料漏れは逆に解消されます。

離陸するSR-71(出典:NASA)

このように入念な準備と複雑な運用が求められるのがSR-71であり、特殊な燃料やオイルなども相まって1時間あたりの運用コストは約2,500万円にも上るそうです。そのため、冷戦が終結に向かい、人工衛星の偵察能力が向上するとSR-71は「お役御免」となります。

その後発生した湾岸戦争や北朝鮮による核開発で偵察衛星による十分な情報収集ができなかったことから現役復帰の計画が進みますが、NASAに試験機として一部が移籍した以外はわずか2機が「配備だけ」された状態となり、結局は21世紀を迎える前に全機が引退しました。

有人機として未だに破られていない世界最速記録を持つSR-71ですが、あまりに特殊な機体がゆえに運用の手間とコストが割に合わず、進化する無人機や偵察衛星に座を譲るしかありませんでした。

では、果たして世界最速のSR-71に後継機はいるのか?

実は現在「SR-72」と呼ばれる後継機が開発されており、SR-71の倍となる最大マッハ6の極超音速飛行を目指しています。ただ、こちらはさすがに有人機の限界を超えているので無人機となりますが、2030年頃の運用開始を目標に開発が進められているそうです。

1 ・・・次のページ

コメント

タイトルとURLをコピーしました