世界最速!SR-71ブラックバードの驚くべき速度と後継機の存在

アメリカ
この記事は約3分で読めます。

マッハ3を超えの記録を出した高高度偵察機

冷戦中のアメリカは秘密に包まれたソ連領奥深くを偵察するために高高度偵察機U-2ドラゴンレディを開発したものの、対空ミサイルに撃墜されるリスクが高かったことから、高高度での飛行性能を維持しながらミサイルを回避できる超音速飛行機「SR-71」の開発が進められました。

⚪︎基本性能:SR-71 ブラックバード

全 長 32.7m
全 幅 16.9m
全 高 5.63m
乗 員 2名
速 度 約マッハ3.3
(時速3,529km)
航続距離 5,230km
実用上昇限度 26,000m

黒い外見から「ブラックバード」の愛称で知られるSR-71は冷戦真っ只中の1960年代に開発が始まり、配備後の1976年には有人実用機としては世界最速記録の時速3,529km(約マッハ3.3)を叩き出したうえ、高度25,900mでの安定飛行というU-2をも超える偉業を達成しました。

「マッハ3.3」ともなれば逆にイメージがつかみにくいですが、これは通常6時間はかかるアメリカ西海岸のロサンゼルスと東海岸のワシントンDCを「67分」で結べる速さです。

ほかにも、あの有名な超音速旅客機コンコルドですら最速2時間52分かかったニューヨーク・ロンドン間をわずか1時間54分で飛行した記録も出しています。

この超音速飛行を実現した2基のエンジンは、空気圧縮を効率的に調節する電子制御機能など当時としてはかなり先進的な技術を採用しており、排気に対してもう一度燃料を吹き付けることで爆発的な推力を得る「アフターバーナー」の長時間使用も可能にしました。

どこかUFOのような印象を受けるSR-71(出典:NASA)

このように高高度と超音速域での飛行性能を兼ね備えたSR-71は、化け物級の速度がもたらす最高700℃の摩擦熱にも耐えられるように機体の90%以上がチタン合金で構成され、外見的特徴の黒い塗装も放熱効果があるとされています。

これだけ外部が高温にさらされても、パイロットの安全は確保されていますが、U-2と同様に高高度飛行を考慮した宇宙服に近い専用スーツを着用しなければならず、トイレもオムツなどを履いて対応せねばなりません。

ちなみに、平べったい見た目からステルス機と思われるがちなSR-71は塗装と設計を通じてステルス性の獲得を目指したものの、実際にはソ連側レーダーに何度も捕捉されていました。

しかしながら、ステルス黎明期においてSR-71がもたらした技術的教訓は大きく、後に登場するB-2ステルス爆撃機の開発に貢献する形となりました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました