海保最強?れいめい型巡視船

海上保安庁

対中国を見据えた最新の大型巡視船

平時から尖閣諸島周辺の海域で中国海警局と対峙する海上保安庁ですが、中国側の増勢は止むことを知らず、「質・量」ともに年々強化されているのが現状です。世界有数の規模を誇る海上保安庁といえども、潤沢な予算を背景に数を増やし、大型化する中国公船の前に劣勢であることは否めず、外洋での長期任務を見据えた大型巡視船の整備が急務となっています。

従来は海保最大級の巡視船「しきしま」に頼っていましたが、中国公船に対抗するために日本もようやく重い腰を上げて大型巡視船の建造に乗り出しました。まず登場したのが「しきしま」の準同型船ともいえる巡視船「あきつしま」ですが、これは結局1隻のみの建造で終わりました。続いて登場したのが「あきつしま」の発展型であり、現在は海保が誇る最新鋭の大型巡視船「れいめい型」です。

⚪︎基本性能:「れいめい型」巡視船

排水量6,500t (基準)
全 長150m
全 幅17m
乗 員64名
速 力25ノット以上 (時速46.3km)
航続距離最大2万浬 (37,000km)
装 備40mm機銃×2
20mmバルカン機銃×2
艦載機EC225ヘリコプター×1
(搭載は2機まで可能)
価 格1隻あたり約262億円

「れいめい型」は海保にとって「しきしま」「あきつしま」に続く6,500トン級の大型巡視船であり、1番船の「れいめい」が2020年に就役して以来、現在に至るまで計3隻が建造されました。そのうち「れいめい」と2番船の「あかつき」は鹿児島に、3番船の「あさづき」は石垣島に配備されましたが、これは明らかに尖閣諸島を含む南西方面を意識してのことです。

もともと「れいめい型」の建造は尖閣周辺の警備体制を強化するとともに、大型巡視船を必要とする大きな事件・事故が同時発生した時にしっかり対処できるようにするためであり、3隻の就役によって海保が運用する6,500t級巡視船は5隻体制となりました。したがって、ローテーションを考えれば常時1〜2隻の大型巡視船は投入可能な状態となり、当初の目的は一応果たしたと言えるでしょう。

「れいめい型」の中では最新の巡視船「あさづき」(出典:海上保安庁)

さて、「れいめい型」は前級である「あきつしま」の発展型と述べましたが、具体的に何が違うのか?

※「あきつしま」についてはコチラ→海保最大級?巡視船「あきつしま」

まず、武装については基本的に同じであり、遠隔操作式の40mm単装機銃と20mmバルカン機銃を装備していますが、40mm単装機銃は最新型のものを採用しています。また、停船命令を表示する電光掲示板を新設したり、長期間の活動に備えて食料の保管スペースを増設するなど細部は異なります。他にも、乗員が過ごす居住区も防音性を高めたり、配置を見直すなど居住性の確保に努めており、海上自衛隊の護衛艦のような長期航海を意識していることがうかがえます。

最も大きな違いは「あきつしま」がヘリを2機運用するのに対して「れいめい型」は定数を1機としていることでしょう。ただし、格納庫とヘリ甲板の装置は2機を搭載する前提で作られており、実際は「あきつしま」と同様に2機を搭載及び運用することが可能だそうです。

このように船体規模と艦載機運用の点では海自の護衛艦に匹敵するように思える「れいめい型」ですが、そもそも設計自体が他の巡視船と違って軍艦構造に近いものになっています。中国海警局の公船が大型化し、ついには中国海軍の「お古」をもらっている現状を考えると海保の大型巡視船が軍艦に近い構造になるのも頷けます。

3隻とも南西方面を見据えた配置になった「れいめい型」ですが、現時点では海保最強と呼んでも差し支えない巡視船であり、今後も貴重な大型戦力として尖閣警備や海外派遣などの長期任務に投入されることでしょう。

1 ・・・次のページ

コメント

タイトルとURLをコピーしました