もう一つの政府専用機?EC-225LP要人輸送ヘリとは

陸上自衛隊
この記事は約2分で読めます。

陸自が運用する特別輸送ヘリコプター

総理大臣などの要人は外国訪問時はあの有名な政府専用機を使う一方で、国内移動ではもっぱら新幹線や民航機を利用するものの、状況によってはヘリコプターを使うことがあります。

その際に乗るのが「特別輸送ヘリコプター」と呼ばれる機体で、日本版エアフォースワンの政府専用機は航空自衛隊が運用しているのに対して、この政府専用ヘリの運用は陸上自衛隊が担当します。

⚪︎基本性能:特別輸送ヘリコプター(EC-225 LP)

全 長 19.5m
全 幅 16.2m
全 高 4.97m
乗 員 2名+同乗20名
速 度 時速320km
高 度 約5,000m
航続距離 約850km
価 格 1機あたり約25億円

特別輸送ヘリはフランス製の「EC-225 LP」を用いた事実上の政府専用機で、こちらはアメリカ大統領が乗る専用ヘリ「マリーン・ワン」の日本版に該当します。

2008年の導入以降、計3機が陸自・第1ヘリコプター団の特別輸送ヘリコプター隊(木更津駐屯地)に配備され、各地の視察に訪れる首相や防衛大臣を運ぶ輸送任務に加えて、災害時には上空から被災状況を確認するのにも使われました。

また、同ヘリは天皇陛下の移動手段として使われるケースがあって、東日本大震災の被災地をお見舞いされる際にお召しになりました。

こうした重要人物を輸送する関係上、特別輸送ヘリは安全性にはかなり注力しています。例えば、不時着を想定した緊急用いかだやフロートを装備しているほか、襲撃対策として防弾板と赤外線排出の抑制装置が追設されました。

機内に関しては20名まで搭乗することができますが、天皇陛下や首相クラス、国賓が乗るとなれば余裕と快適性を意識して同行人数を最低限に抑えるそうです。

首相官邸のヘリポートに離着陸できる特別輸送ヘリは迅速性が求められる日帰り訪問に利用されがちですが、滑走路を必要としないヘリの特性を生かして自衛隊の演習場や空港がない地域・離島への視察時に重宝されています。

派手さはないものの、あらゆる場所に離着陸できる国内用の政府専用機として活用される本機は、首相以外にも天皇陛下が御使用になられること、そして2機でペアを組んで行動するなど、空自の政府専用機と共通点も多いです。

⚪︎関連記事:政府専用機の秘密!知られざるその内部と装備

コメント

タイトルとURLをコピーしました